• ホーム
  • 芸能
  • KARA、5人体制見納め? ニコル号泣「思い出をありがとう」

KARA、5人体制見納め? ニコル号泣「思い出をありがとう」

 韓国の女性5人組グループ・KARAが24日、神戸ワールド記念ホールで、7都市14公演計12万人を動員した日本ツアー『KARASIA』を締めくくった。終演後、客電が点灯し、何度も終演のアナウンスが流れるなか、ファンは客席に残って「KARA最高!」コールを送り続け、分裂騒動に揺れるKARAに5人体制存続を訴えた。

 先月8日にスタートした2度目の日本ツアー最終日。日韓・新旧を問わず、ヒット曲全27曲を惜しみなく披露し、満員の7000人の観客を熱狂させた5人が、万感の思いを込めてあいさつした。

 来年1月中旬に所属事務所との契約が終了し、再契約しないことを表明しているニコル(22)は「最後のコンサートですよね。大切な思い出をありがとう…」とジヨン(19)に肩を抱かれながら涙。「皆さんの顔が見られて本当にうれしかった。つらいこともあるけど、皆さんを見て、歌いたい理由、踊りたい理由を思い出しました。皆さん愛しています。本当にありがとう」と号泣した。

 来年4月まで契約が残っているものの、進路を明らかにしていないジヨンも涙ながらに「ファンの皆さん、私たちに元気をいただき、本当にありがとうございます。きょうも感動しました。私は本当に幸せです。きょうのことは絶対忘れません!」と感謝の思いを告げた。

 リーダーのギュリ(25)は「皆さんがいるから毎回頑張れました。皆さん愛しています」と呼びかけ、スンヨン(25)は「熱くて、楽しい記憶を一生忘れないようにこれからも頑張ります」、ハラ(22)は「2ヶ月の時間は怖いぐらい早すぎました。『KARASIA』は本当に私にとって、幸せな思い出です」。メンバーから今後の活動に関する説明はなかったが、どことなく別れを意識させるような言葉が続いた。

 アンコールでメンバーが思いを込めて「今贈りたい、『ありがとう』」を歌唱しようとすると、ステージ後方の客席から「WE(ハートマーク)KARA」と書かれた大きな垂れ幕が掲げられた。思わぬファンからのサプライズに、メンバーは涙ぐみながらの熱唱で感動のフィナーレを迎えた。

 KARAは今週27日に初の2枚組ベスト盤『BEST GIRLS』と新曲「フレンチキス」を同時発売するが、所属レーベルによると新曲関連のプロモーション活動は「現状、予定はない」としている。5人体制のKARAは日本では見納めになってしまう可能性もあることから、終演後もファンの「KARA最高」コールは止むことなく続いた。この熱い思いに、いても立ってもいられずに再登場した5人は、全員で手をつなぎ「本当にありがとうございました」とあいさつ。いつまでも別れを惜しんでいた。

■KARA 2nd JAPAN TOUR2013『KARASIA』セットリスト
01.LUPIN(韓)
02.ジャンピン(日)
03.Pandora(韓)
04.Damaged Lady(韓)
05.2night(韓)
06.Miss U(韓)
07.Pretty Gir(韓)
08.We Will Rock You(スンヨン・ソロ)
09.Kissして(ギュリ・ソロ)
10.We Found Love(ニコル・ソロ)
11.Glamorous Sky(ハラ・ソロ)
12.YMCA(ジヨン・ソロ)
13.HANABI(日)
14.Runaway(韓)
15.ウインターマジック(日)
16.フレンチキス(日)
17.バイバイハッピーデイズ(日)
18.ガールズパワー(日)
19.マイボーイ(日)
20.サンキュー サマーラブ(日)
21.GO GO サマー!(日)
22.ジェットコースターラブ(日)
【アンコール】
23.ミスター(日)
24.Sweet Days(日)
25.SOS(日)
26.今、贈りたい「ありがとう」(日)
27.STEP(韓)
※(日)=日本語楽曲、(韓)=韓国語楽曲


オリコントピックス