• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】滝川クリステル、流行語候補に驚き「本当に思ってなかった」

【動画】滝川クリステル、流行語候補に驚き「本当に思ってなかった」

 フリーアナウンサーの滝川クリステルが21日、都内で行われた『ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013』の表彰式に出席した。滝川は、2020年の東京五輪招致の最終プレゼンテーションで披露した「お・も・て・な・し」が『新語・流行語大賞』のノミネート50語に選出され、「そこまで行くとは本当に思ってなかった」と驚きながらも喜んでいた。

【写真】その他の写真を見る


 滝川は、水野正人招致委員会副理事から「狙ってた?」といじられると、「違いますよ」と照れながら恐縮。司会から「本物が見たい」とリクエストされるも、「皆さんがやってくださってるので、私はもうお腹いっぱいです。あれはオリンピックのためのもの」と自粛した。

 また、スピーチ時の印象的な手振りについても触れ、「海外で強調する時は、フランスのかたはよくこうやってて、大統領もプレゼンとかでやる」と明かし、あの独特のペースは「1文字1文字を強調しようとしたのと、IOC(国際オリンピック委員会)に伝えやすいようにした」と説明していた。

 国内はもとより、世界を舞台に高い業績・評価を獲得した商品やサービス、出来事を生み出したチームを表彰する同アワード。一丸となって2020年東京五輪開催を結実させた、五輪招致チームが最優秀賞に選ばれ表彰式には、滝川、水野副理事のほかにもパラリンピック陸上女子の佐藤真海選手も登壇した。

 同アワードの優秀賞には、人気アプリ『パズル&ドラゴンズ』プロジェクトチーム(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)、ソチ五輪出場に向けて一丸となっている下町ボブスレーネットワークプロジェクトチーム、『ロボカップ2013』世界大会ヒューマノイド部門で優勝したJoiTechチームが受賞した。

【無料エンタメ動画】旬なタレントや最新トレンドが満載



関連写真

  • 「お・も・て・な・し」の流行語ノミネートに感激していた滝川クリステル (C)ORICON NewS inc.
  • 『ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013』の表彰式に出席した(左から)佐藤真海選手、水野正人氏、滝川クリステル (C)ORICON NewS inc.
  • 『ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013』の表彰式に出席した佐藤真海選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 下町ボブスレーネットワークプロジェクトチームと齋藤考氏(左)、おちまさと氏(右)=
『ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013』 (C)ORICON NewS inc.
  • 人気アプリ『パズル&ドラゴンズ』プロジェクトチームと齋藤考氏(左)、おちまさと氏(右)=
『ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013』 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス