• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ET-KING、来年4月で活動休止 結成15周年で“充電”へ

ET-KING、来年4月で活動休止 結成15周年で“充電”へ

 7人組グループ・ET-KINGが来年4月29日に地元・大阪で行われる全国ツアー最終公演をもって、活動休止することが7日、わかった。来年結成15周年を迎えることから、同公演を「新たにスタートするための節目」にするとしている。ファンクラブの運営は継続し、メンバー個々の活動は積極的に行う。

 来年結成15周年、メジャーデビュー8年を迎えるET-KINGは、年明けにベストアルバム(タイトル、発売日未定)を発表。同作を引っさげて、3月16日の滋賀公演を皮切りに全国ツアー『ET-KING 結成15周年記念全国ツアー〜おまえとおったらおもろいわ!〜』(11都市11公演)をスタートさせ、4月29日に地元・大阪のフェスティバルホールで行われる最終公演をもって活動を休止する。

 メンバーのイトキンTENNKLUTCHBUCCIセンコウDJ BOOBYコシバKENは連名でコメントを寄せ、活動休止を決めた理由について「結成15周年を迎えるにあたり、メンバー全員で繰り返し話し合いを進めてきました。自分達に、この先何が出来るのか? 7人で作る音楽の意味とは何なのか? いま一度グループとしての活動を見直し、また一から新しいET-KING というものを作り上げていく、そんな時間が必要だという意見に達しました」と説明。

 活動休止期間中は「成長期間」と位置づけて充電にあて、リーダーのイトキンは生バンドとの演奏活動、昨年8月にSPEEDの上原多香子と結婚したTENNは他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースワークなど、メンバー7人それぞれが1アーティストとしてスキルを伸ばすための活動を行うとしている。

 メンバーは「ET-KINGの活動を止めてしまうということではなく、今まで以上の作品、そして今まで以上のライブを作るための大切な時間だと考えている」とあくまでも充電期間であることを強調。「ブログやSNSなどを通して、各メンバーの活動を随時発信していければと思っています。応援してくださる皆さんをお待たせすることになりますが、よりパワーアップした作品とライブをお届けできるよう努力していきますので、楽しみにしていただけたらうれしいです」とファンに呼びかけている。

オリコントピックス

 を検索