アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『ONE PIECE』総発行部数3億冊を突破 国内史上最高を記録

『ONE PIECE』総発行部数3億冊を突破 国内史上最高を記録

 人気コミック『ONE PIECE』(尾田栄一郎・著/集英社)の単行本累計発行部数が、11月1日発売の最新72巻で国内史上最高となる3億冊を突破することが30日、わかった。

 同作はこれまでに、36巻(2005年2月発売)で累計発行部数が1億冊を超え、60巻(2010年11月発売)で2億冊を突破していた。そのほかにも、第57巻(2010年3月発売)では、日本出版史上最高初版発行部数300万部を記録している。

 1997年に『週刊少年ジャンプ』で連載を開始した『ONE PIECE』は、“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指し、麦わらの一味が大海原を航海する海洋冒険ロマン。人気は国内だけに留まらず海外でも刊行されているほか、テレビアニメや映画でも人気を集めている。

 今後は、累計発行部数3億冊突破を記念した「ニッポン縦断! OPJ47クルーズ”キャンペーン」を11月1日より開催。第1弾は、全国47都道府県の新聞に、地域の名産や名所とコラボした47人の『ONE PIECE』キャラクターが、どこかの都道府県に出現する“新聞ジャック”を実施。そのほか、『ONE PIECE』とご当地をコラボさせたTシャツデザインを募集する「ご当地Tシャツデザインコンテスト!」などが展開される。



関連写真

  • 11月1日に発売される『ONE PIECE』72巻 (C)尾田栄一郎/集英社
  • 11月1日掲載の北海道新聞(C)尾田栄一郎/集英社
  • 11月1日掲載の東奥日報(C)尾田栄一郎/集英社
タグ

オリコントピックス