• ホーム
  • 芸能
  • 小学館ビル「ラクガキ」、きょうからサイトで公開 第1弾は『20世紀少年』『ドラえもん』など300枚超

小学館ビル「ラクガキ」、きょうからサイトで公開 第1弾は『20世紀少年』『ドラえもん』など300枚超

 建て替えのため解体される小学館ビル(東京都千代田区)の壁面などに100人以上の漫画家が描いた「ラクガキ」が、きょう30日から同社の公式サイトで公開されている。

【写真】その他の写真を見る


 今回公開されたのは、第一弾として、1階ロビーに描かれた『ドラえもん』『オバケのQ太郎』『20世紀少年』『うる星やつら』などの人気キャラクター300枚以上。10月中旬には、第二弾として、地下1階や階段、6階に描かれた落書きを公開予定。画像は全部で800枚に及ぶという。

 ビルの解体を惜しみ、浦沢直樹氏や藤子不二雄A氏ら人気漫画家が描いた人気キャラクターの落書きは、“文化財”級の価値として大きな話題となり、解体前に急きょ一般公開に。見納めとなる先月24日・25日には、8000人以上のファンが駆けつけていた。

 昭和42年に建てられた同ビルは、東日本大震災後の耐震強度の見直しによって建て替えが決定。9月から取り壊しが始まっており、来月春に完全に解体される。

 また、同日新設された同社のサイト「コミスン」では、編集者が8月9日に行われた同落書きの舞台裏エピソードなどをリポートしている。

⇒⇒ 『ドラえもん』のチケット発売情報



関連写真

  • 小学館ビルにラクガキをした(左から)浦沢直樹氏と藤子不二雄A氏
  • 漫画家によるラクガキの模様
  • 小学館ビルに柔ちゃんを描く浦沢直樹氏
  • 小学館ビルに『オバケのQ太郎』を描く藤子不二雄A氏
  • 小学館ビルにラクガキをする島本和彦氏
  • 小学館ビルにラクガキをする島本和彦氏
  • 小学館ビルにラクガキをするゆうきまさみ氏
  • 小学館ビルにラクガキをするゆうきまさみ氏
タグ

オリコントピックス