アニメ&ゲーム カテゴリ
ORICON NEWS

栗原類、『彼岸島』原作キャラを超える!?妖艶な吸血鬼役

 モデル・タレントの栗原類が、10月24日スタートのドラマ『彼岸島』(毎週木曜 MBS深0:59/TBS 深0:58 ※放送時間変更の可能性あり)に、悪役の吸血鬼<雅(みやび)>役で出演することが20日、明らかになった。

10月24日スタートのドラマ『彼岸島』の吸血鬼・雅に扮した栗原類(C)松本光司・講談社/2013「彼岸島」製作委員会・MBS

10月24日スタートのドラマ『彼岸島』の吸血鬼・雅に扮した栗原類(C)松本光司・講談社/2013「彼岸島」製作委員会・MBS

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 栗原は「僕は映画版の『彼岸島』(2010年)で雅を演じた山本耕史さんのような芝居は百万年かかっても出来ませんが、皆さんの期待を裏切らないよう頑張りたい」と静かな闘志を燃やす。同時に公開された役衣装の写真からは、原作キャラクターのイメージを超える華麗で妖艶な吸血鬼ぶりが期待できそうだ。

 同作は、松本光司氏の同名漫画(講談社『週刊ヤングマガジン』連載中)のテレビドラマ化で、総監修を鬼才・三池崇史氏が務めることでも話題。『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系)の白石隼也と、映画『HK/変態仮面』や『ガッチャマン』に出演の鈴木亮平がダブル主演し、山下リオがヒロインを演じる。

 一年を通して彼岸花が咲いている、地図にはない島「彼岸島」。最凶の吸血鬼・雅の封印が解け、島の人々は吸血鬼ウィルスに感染し、雅の支配下にあった。この絶海の孤島で、問答無用で襲ってくる吸血鬼たちに追い詰められてもなお強く立ち向かっていく“人間の底力”を描き、“生命の尊厳”も問いかけていく。

 雅の脇を華やかに彩るのは、満を持してテレビドラマに初出演する元宝塚の男役トップスターの大和悠河が、これまでのイメージを覆す大胆セクシー衣装を披露する。さらに鈴木演じる篤役の恋人役に水崎綾女、雅の過去のカギを握る役に鶴見辰吾が登場する。

関連写真

  • 10月24日スタートのドラマ『彼岸島』の吸血鬼・雅に扮した栗原類(C)松本光司・講談社/2013「彼岸島」製作委員会・MBS
  • 原作コミック『彼岸島』全33巻、『彼岸島−最後の47日間』(講談社『週刊ヤングマガジン』連載中)1〜10巻刊行(C)松本光司/講談社
  • 10月24日スタートのドラマ『彼岸島』の吸血鬼・雅に扮した栗原類(C)松本光司・講談社/2013「彼岸島」製作委員会・MBS
  • 雅(原作イラスト)(C)松本光司/講談社

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索