• ホーム
  • 芸能
  • 西田敏行、“肺炎”予防呼びかけ 日本人の死因第3位

西田敏行、“肺炎”予防呼びかけ 日本人の死因第3位

 俳優の西田敏行(65)が、21日から放送される肺炎予防を呼びかける新CM『65歳過ぎたら、肺炎予防。』に出演している。「最近、肺炎で亡くなっている友人、仲間が多い」といい、自身も予防接種を受けている西田が、肺炎予防の大切さを伝えている。

【写真】その他の写真を見る


 同CMでは、2011年に日本人の死因第3位となり、その95%以上が65歳以上の高齢者という現状を踏まえ、ちょうど65歳の西田が肺炎の予防を呼びかけるもの。日々の感染予防や予防接種があることを真摯に語りかける。

 撮影を終えた西田は「肺炎というのは身近にある病気だと思いましたし、他人ごとではないぞという気持ちでいっぱいになりました」といい、「だから、65歳を過ぎた方は、なるべく元気なうちから予防の意識を持って、予防接種を受けていただきたいと思います」とここでも毎日の予防を呼びかけ。

 自身も感染予防に日夜取り組んでいるといい、「必ず家へ帰ったら手洗いは実行していますね。妻にも『手洗った?』としょっちゅう言われていて、おかげでちゃんと習慣になりました」と明かし、「楽しむ体は健康でなくては作れないので、何よりも健康が第一です」と語っていた。

 新CMは21日より全国で放送開始。



関連写真

  • 新CMに出演している西田敏行 
  • 真摯に肺炎予防の大切さを呼びかけている
  • 撮影を行っている西田敏行
  • 撮影を行っている西田敏行
  • 新CMに出演する西田敏行
  • 新CMに出演する西田敏行

オリコントピックス