アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【AKBじゃんけん大会】珠理奈「センター渡しまセンター」 優勝後の一問一答

【AKBじゃんけん大会】珠理奈「センター渡しまセンター」 優勝後の一問一答

■『第4回AKB48じゃんけん大会』(18日、東京・日本武道館)
 AKB48の通算34枚目のシングル(12月11日発売・タイトル未定)を歌う選抜メンバーを決める『第4回じゃんけん大会』で、AKB48とSKE48を兼任する松井珠理奈(16)が優勝。内田眞由美(19)、篠田麻里子(27)、島崎遥香(19)に続く4代目女王となった松井は、大会後に得意のダジャレを交えて喜びの会見を行った。

 以下、主な一問一答。

――今の率直な感想は?
松井:動揺を隠せないです。今までで一番動揺しています。でも、珠理奈がセンターになってよかったって言ってもらえるよう頑張りたい。(トロフィーは)センターの重みなんだなって感じました。

――ずっとパーを出し続けた意味は?
松井:みんな力が入るとグーを出すのかなって思ったり、メンバーを見ていてグーを出す確率が高いと思ったので、最後までパーで攻めようと。あと、ドームコンサートで左指を骨折したのが完治したので、運があると思って、利き手じゃないけれど、左でじゃんけんしました。

――センター曲の希望は?
松井:「下から珠理奈」で! それはまぁ冗談なんですけれど、かっこいい曲でもかわいい曲でもうれしいなって。ダンスが好きなので「UZA」みたいな曲もうれしい。いまは16歳の等身大の自分を出せていない、お姉さんたちに合わせなきゃっていうのがあるので、等身大の自分を出せる曲だとうれしいです。

――仲良しの篠田麻里子からツイッターでコメントが来ていますが?
松井:本当ですか? うれしい。始まる前も「行ってきます」って連絡を取っていて、ご飯食べに行ったときも「じゃんけん選抜やばいんです」って話をしていたので、麻里ちゃんのおかげもあってセンターがとれたと思います。

――SKE48で初めてAKBの単独センターになったことに対して
松井:私はSKEでもありAKBでもあるので、もっともっとたくさんの人に、個性あるメンバーがいっぱいいるSKEのことももっと知ってもらえるように頑張りたいです。

――AKB48の曲はミリオンセラーが続いていますが。
松井:心配なんですよ! 私でそうでなくなってしまったら申し訳ない。不安もあるのですが、たくさんの方に支えてもらいながら頑張りたい。次のセンターのこじはるさんを含め、素敵な先輩たちから学んできたことがいっぱいあるので、今回生かせたらいいなと思います。

――地元・名古屋のファンに向けて
松井:負けず嫌いの人が多くて、SKEの推しじゃないメンバーのこともすごい応援してくれるので、SKEのファンの方も喜んでいただけていると思う。みなさんの期待に答えて…「なごやのおなごや」。はい、頑張りたいと思います。今の気持ちは、SKE48なので「えっすけー(げー)いー」って言われたいです。

――きょうの制服の衣装は?
松井:16歳らしくと思ったので。普段三つ編みとかしないですが、恥ずかしながら。

――最後に今後の意気込みを。
松井:応援してくださったみなさん、ありがとうございました。みなさんの期待に答えられるように頑張っていきたいと思います。「センターは渡しまセンター」。頑張ります。

関連写真

  • 単独初センター! 松井珠理奈が全てパーで優勝(撮影:鈴木かずなり)
  • 優勝に歓喜する松井珠理奈(撮影:鈴木かずなり)
  • じゃんけん大会終了後、弾ける笑顔をみせる選抜メンバー(撮影:鈴木かずなり)

オリコントピックス