• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 宇多田、藤圭子さん“遺書”明かす「母らしい、非常に率直な遺言書」

宇多田、藤圭子さん“遺書”明かす「母らしい、非常に率直な遺言書」

 歌手の宇多田ヒカル(30)が5日、先月22日に死去した母で歌手の藤圭子さん(享年62)の遺書があったことを公式サイトで明かした。

 冒頭で母に変わって感謝のコメントを寄せた宇多田は「今なお母の心配をしてくださっている方々にお伝えしたいことがあります」と綴り、「一連の記事で母の本名が誤って報道されていました。阿部純子ではなく、宇多田純子です。父と離婚後も、母は旧姓の阿部ではなく宇多田姓を名乗ることを希望し、籍も父の籍においたままでした。夫婦だとか夫婦ではないなんてこと以上に深い絆で結ばれた二人でした」と両親の絆を報告。

 さらに、「遺書はなかったと報道されていますが、今年の始めにしたためられた遺言書はありました。他の解釈の余地の無い、母らしい、非常に率直な遺言書です」と家族にしたためた“遺書”があったといい、「その遺言書の内容に基づき、出来る限り母の意向に沿うべく精一杯の弔いをしています」としている。

 また、「母の遺体との面会を希望された方もいらっしゃいましたが、やむなくお断りさせていただきました。この場を借りてお詫び申し上げます」と謝罪し、「母の気持ちを考えた上での、喪主としての私の判断でした」と自身が決断したことを明かした。

 最後には「私も藤圭子のファンでした。今も、この先もずっとファンであり続けます」と亡き母に想いを寄せている。

オリコントピックス

 を検索