アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高橋みなみ、同期・板野に語った卒業時期「私は私のタイミングで」

高橋みなみ、同期・板野に語った卒業時期「私は私のタイミングで」

 人気アイドルグループ・AKB48板野友美が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、同期の高橋みなみらと涙の抱擁を交わした。高橋が「私は私のタイミングで出て行きたいと思ったし、“とも”の残したものを後輩たちに吸収させるようにしてから」と卒業時期について言及すると、板野は「たかみなが自分のタイミングで卒業する時は駆けつけるので、これからも仲良くして」と“再会”を約束した。

 東京ドームで25日に行われた自身の卒業セレモニーを経て、原点とも言える同劇場でラストステージを迎えた板野は、苦楽を共にしてきたメンバーたちに囲まれて涙、涙だった。キャプテン・大島優子率いるチームKのメンバー以外にも、サプライズで同じ1期生の高橋、小嶋陽菜峯岸みなみをはじめ、渡辺麻友柏木由紀横山由依指原莉乃島崎遥香宮澤佐江が駆けつけた。

 「やっと状況がわかってきた。卒業おめでとう!」とマイペースなあいさつで会場を沸かせた小嶋は「いっぱい、一緒に遅刻したのが思い出」と語り、さらにメンバーたちをずっこけさせた。そんな小嶋に板野は「その関係から仲良くなったよね。逆に(篠田)麻里子の卒業の時は私たちが楽屋一番乗り」と優しくほほ笑み返した。

 板野が卒業後、同期は高橋と峯岸だけになる。そんな状況を踏まえて小嶋が「私がもし卒業するとなったら、圧倒的に華が足りない。“とも”も駆けつけて欲しい」とお願いするなど、“こじはる”らしい言葉が板野に贈られた。

 再び発足したチーム4のキャプテンに任命された峯岸は「同期が卒業を決めていく中で、新たなスタートラインに立つことになって。少し心細いけど、これまで培ってきたことを(後輩に)教えていくので、また会いに来て。そして甘やかして」と涙ぐみながらおねだり。板野は「1個年下なのに大人っぽくて、もっと甘えていいのにって思っていた。大人にならなきゃと思って気を張っているのかなって。そんなみいちゃんは、後輩を育てられると思う。お互い、頑張ろう」と優しくエールを送っていた。

 これまで板野と「深い話をしたことがない」と明かした高橋は「大好きです、本当に。“とも”がいなくなると同期も3人だし、同世代がいなくなるので、正直寂しい。(前田)敦子がいなくなって、麻里子様も決断して。見送ることが辛すぎて、もっと早く卒業したらと思った」と心境を吐露。それでも「この原点の劇場に立っている姿を見て、見送れて良かったなと思う」と語りかけた。

 高橋から「一瞬誤解されやすい、クールだし。でも、よく泣くし、よくしゃべるし、ドジだし、お茶目だし」と“素顔”を明かされ、恥ずかしそうに笑った板野は「私の思い出の中には、いつもたかみながいて。これから横にたかみながいなくなるのは寂しいけど、後輩のために道を作りたい」と力強く応えていた。

 板野卒業後、残る同期3人は、高橋が言ったようにそれぞれの「タイミング」で卒業を決めていくことになる。板野の卒業セレモニーに初期メンバーでOGの前田と篠田がサプライズで駆けつけたように、再びAKB48のステージで再会することを誓い合った1期生メンバー。その日が来るまで、板野は涙を流しながら「さらなる夢に向かって歩き続けようと思います」と意気込んでいた。

関連写真

  • 同期で同い年の高橋みなみと板野友美の抱擁にファンからすすり泣きが漏れた(C)AKS
  • こじはるとは遅刻仲間だった?(C)AKS
  • AKB48の1期生(左から)高橋みなみ、板野友美、峯岸みなみ、小嶋陽菜(※写真は東京ドームで行われた板野卒業セレモニー時) 撮影:鈴木かずなり

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019