• ホーム
  • 映画
  • 新海誠監督の短編『だれかのまなざし』 新作映画と同時上映

新海誠監督の短編『だれかのまなざし』 新作映画と同時上映

 新海誠監督の劇場アニメーション『言の葉の庭』(5月31日公開)の全ての上映劇場(全国23館)で、同監督の短編『だれかのまなざし』が同時上映されることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 同短編は、今年の2月に野村不動産のマンションブランド「PROUD」とのコラボレーションで制作されたもの。これまで同社が開催するイベントでの上映に限られていたため、ファンの間で一般公開が待ち望まれていた。

 就職を機に一人暮らしを始めた社会人2年生の岡村アヤ、通称「あーちゃん」と、お父さん、お母さん、猫のミーさんが織りなすストーリー。主題歌にはシンガーソングライターの和紗の最新ミニアルバム表題曲「それでいいよ」が起用されている。

 本編は、台湾と香港でも同日公開されることに。昨年9月、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状が贈られるなど、海外でも高い人気を誇る新海監督。前作『星を追う子ども』(2011年)が米国、英国、仏、独などの欧米、100館以上で公開された韓国などのアジアで上映された実績もあり、台湾では今作の上映チケットがインターネットでの先行販売分が即完する人気ぶりだったという。

 国内では小規模スタートとなるが、本編はiTunesでのダウンロード販売(EST販売)を公開初日から開始。興行収入以外の反響も注目される。



関連写真

  • 新海誠監督の劇場映画『言の葉の庭』と短編『だれかのまなざし』の同時上映が決定 (C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
  • 野村不動産のマンションブランド「PROUD」とのコラボレーションで制作された短編『だれかのまなざし』 (C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
  • 『だれかのまなざし』の本編シーンをCDジャケットに引用した和紗 の1stミニアルバム『それでいいよ』初回限定盤
  • 和紗 の1stミニアルバム『それでいいよ』通常盤
  • シンガーソングライターの和紗
  • 新海誠監督

オリコントピックス