• ホーム
  • 映画
  • 新海監督の新作『言の葉の庭』に実在ブランドが多数登場

新海監督の新作『言の葉の庭』に実在ブランドが多数登場

 『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』の新海誠監督の新作『言の葉の庭』(5月31日公開)。現代の東京を舞台にした同作では、アニメーションとしては珍しく、キャラクターの靴や服などに、実在するブランドの商品やロゴが登場する。

 靴・バッグの専用店「ダイアナ」やスポーツブランド「FILA」、日本のアパレルブランド「TRANS CONTINENTS」など。制作の段階でスタイリストを起用し、登場人物のファッションコーディネートも行うなど、キャラクターの魅力と現実感を深めることにこだわった。

 テレビ番組や映画の中に実際の商品を登場させるのは、プロダクトプレイスメントという広告手法のひとつだが、同作においてはスポンサーのように企業の宣伝効果を狙ったものではなく、「現代の日本をリアルに切り取るため、作品世界が要請するものとして、なるべく現実の商品をそのまま使いたいと思いました」と新海監督は話している。

 なお、プロモーションの一環で、物語の重要なアイテムの一つとなる”靴”を提供した「ダイアナ」の対象店舗で、対象商品を購入するとオリジナルポストカードがプレゼントされるキャンペーンが実施される(5月24日〜6月9日、銀座本店、原宿店、渋谷店、戎橋店、神戸店)。



関連写真

  • 5月31日公開、新海誠監督の新作『言の葉の庭』に「ダイアナ」の靴が登場(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
  • 「FILA」のTシャツを着ているのは主人公・タカオの兄(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
  • 主人公・タカオが着ている服に「TRANS CONTINESTS」のロゴが…(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

オリコントピックス