• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 高橋愛が両側声帯結節で手術へ 5月から治療に専念

高橋愛が両側声帯結節で手術へ 5月から治療に専念

 元モーニング娘。高橋愛(26)が、両側声帯結節のため、のどの手術をすることが12日、わかった。自身の公式ブログで発表された。

 「2月後半から喉に違和感があり、声が出しにくい症状がありました」という高橋は、病院で検査を受けた結果、両側声帯結節と判明。「今後、活動していく上では、今手術しておかなければという診断」だったため、今月24日から始まる主演舞台『もしも国民が首相を選んだら』(4月30日まで上演)の終了後に、手術を行い治療に専念する。

 手術を前に高橋は「痛みはまったくないので、心配しないでください!」とファンに呼びかけ「手術が終わり完治したら、また皆さんの前で思いっきり歌い、女優としてもよりいっそう良い演技をしていけたらと思います」とつづっている。

 また、6月4日に高橋が出演予定していた公演『朗読劇 私の頭の中の消しゴム 5th letter』は、同12日に延期されることも発表。なお、同10日の公演には予定通り出演する予定。

オリコントピックス