アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『東京国際アニメフェア2013』4日間で10万人超を動員

『東京国際アニメフェア2013』4日間で10万人超を動員

 3月21日より東京ビッグサイトで開催された『東京国際アニメフェア2013』(実行委員長:猪瀬直樹東京都知事)が24日、閉幕した。アニメの振興と発展を目的にスタートし、今年で12回目の開催。4日間の来場者数は、前年比7%増の10万5855人だった。昨年より出展社数が増加したこと、今年からコスプレの初解禁、キッズエリアの充実を図ったことなどが来場者数増加の要因と考えられる。

【写真】その他の写真を見る


 21日・22日はビジネスデーとして2日間に2万4414人を動員。うち海外来場者は900人で前年の1512人より減少したが、国内の来場者数が増えたことで、ほぼ前年(2万4750人)と同様の来場者数となった。23日・24日のパブリックデーには、外国人も多く来場し、日本のアニメ人気の広がりを感じさせた。

 今年は日本初のテレビアニメーション、『鉄腕アトム』が始まってから50周年ということもあり、50周年のさまざまな特別企画・展示も行われた。

 次回の『東京国際アニメフェア2014』は2014年3月19日(水)〜22日(土)に開催されることが決定している。



関連写真

  • 3月21日〜24日まで東京ビックサイトで開催された『東京国際アニメフェア2013』(TAF)の会場の様子
  • 3月21日〜24日まで東京ビックサイトで開催された『東京国際アニメフェア2013』(TAF)の会場の様子
  • 3月21日〜24日まで東京ビックサイトで開催された『東京国際アニメフェア2013』(TAF)の会場の様子
タグ

オリコントピックス