• ホーム
  • 芸能
  • きゃりーぱみゅぱみゅ、台湾公演盛況 忍者の振付伝授にファン歓喜

きゃりーぱみゅぱみゅ、台湾公演盛況 忍者の振付伝授にファン歓喜

 歌手でモデルのきゃりーぱみゅぱみゅが15日、ワールドツアー『100%KPP WORLD TOUR 2013』の台湾公演を台北市のライブハウス、レガシーで行った。きゃりー初の台湾単独公演とあり、数秒で完売したプレミアムチケットを手にした1450人の熱気であふれ返った。

 午後8時、オープニング映像が流れ始めると、待ちきれないファンの「キャリー! キャリー!」の熱烈コールに出迎えられ「ぱみゅぱみゅレボリューション」からスタート。「皆さん、こんにちは。きゃりーぱみゅぱみゅです。来てくれてありがとう! 皆さんと一緒に歌って踊れたらと思ってますので、楽しんでいってください!」と中国語であいさつし、現地のファンを喜ばせた。

 代表曲「PONPONPON」「ファッションモンスター」「つけまつける」をはじめ、新曲「にんじゃりばんばん」(20日発売)も披露。「日本の忍者がテーマで、和音テイストのすごくカッコいい曲です」と紹介したきゃりーは、「ここで一緒にやってほしいことがあります」と呼びかけ、人差し指を立てた忍者ポーズの振り付けを伝授しファンも大喜び。客席と一体となって全20曲を歌って踊った。

 なお、この日は台湾で「ぱみゅぱみゅレボリューション」「ファッションモンスター」「ふりそでーしょん」のCDが3作同時発売。これを記念して購入者から抽選で100人に握手券が付くキャンペーンをワーナー台湾が実施し、前日午後4時から原宿系ファッションに身を包んだ台湾のファン、上海や香港から駆けつけたファンらが列をつくった。



関連写真

  • 初の台湾単独公演を行ったきゃりーぱみゅぱみゅ Photo/Aki Ishii
  • 新曲「にんじゃりばんばん」など全20曲を披露した Photo/Aki Ishii
  • プレミアムチケットを手に入れたファンが大盛り上がり! Photo/Aki Ishii

オリコントピックス