SKE48秦佐和子、今月末で卒業 声優の夢追う

 人気アイドルグループ・SKE48秦佐和子(24)が、今月末をもってグループから卒業することがわかった。7日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームKII公演で自ら発表した。4月から声優養成所に入学する。

 公式ブログには秦のコメントが掲載され、卒業の理由について「4月から改めて声優の勉強をするために学校に通い、そちらに専念しようと思いました」と説明。「SKEにいる日々はすごく優しくて暖かくて、自分にとってすごく居心地のいいものだったんですけれども、今の自分の力では、SKEにいて夢を叶えることも、夢を語ることも、あまりにも余りにも自分に力不足なんじゃないかなと思いました」と本音を明かした。

 さらに、SKEが「自分にとって夢を叶える場所ではなくて、21歳の時に一度諦めかけた声優の道、その道が目の前で途切れた時に、今日ここまで橋を架けてくれたそんな存在だった」といい、「SKE48があったからこそ、私は今まで、そしてこれからも夢を追っていくことができます」と感謝した。

 最後は、急な発表になったことをファンに謝罪し「最後の一日まで私らしく全力で頑張っていきたいと思うので見守っていて下さい」と呼びかけている。

 2010年12月に3期生として加入し、6thシングル「パレオはエメラルド」(2011年7月発売)で初選抜。「AKB48選抜総選挙」では第3回(2011年)33位、第4回(昨年)25位に選ばれた人気メンバー。現在放送中のTVアニメ『AKB0048』(tvkほか)では、6日にAKB48を卒業した仲谷明香、今春SKE48を卒業する矢神久美らとともに主人公9人の声優を務めている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索