• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

秋元康氏、AKB運営の苦悩告白「万策尽き果てた」

 AKB48総合プロデューサー・秋元康氏が23日、TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(後9:30〜)に出演し、峯岸みなみの丸刈り“騒動”やAKB運営の苦悩を赤裸々告白した。

 冒頭で、パーソナリティを務めるヒップホップグループ・RHYMESTERの宇多丸から、いきなり峯岸みなみの丸刈り動画について聞かれた秋元氏は「本人が反省しているということを伝えたいとして、ああいう行動をとった。本人にとっては気合だった」と説明。後日、大きな“事件”となったことには「メンバーの意志を尊重することと、世間からの見え方は誤差を生む」といい、AKBの知名度が上がったことで「それが大きなニュースになり、さらに本人に余計な負荷がかかる」と心配した。また、丸刈り姿は、秋元氏もYouTubeで初めて見たようで「僕がそこにいたら止めた」としつつも、「問題はそうまでして反省の意をみせたかったってことに、今までのスキャンダルと対峙する答えの難しさがある」と葛藤を口した。

 また、恋愛禁止のルールについては「誤解を生むからもう言いたくない」とした上で、「恋愛禁止条例は一つのネタとしては歌にしたり、言ったりはしているが、決して恋愛が禁止ではない」と明言。「たぶん高校野球で甲子園目指している人は、恋愛する時間なんてないんじゃないかということ。ただ、本当に好きな人ができたら仕方がないんじゃないとは話をしている」とした。

 禁止ではないことにペナルティがあることを突っ込まれると「メンバー自身がスキャンダルが出た時にどうしたら応援してくれていたファンが許すかを考える。それで離れちゃうか、イメージで言えば社会奉仕的な事をして残るかになる」と回答。さらに、人によってペナルティが異なる理由については「ルールがないし、ペナルティの規則もないから。ずっと(スキャンダルの)うわさがあって、マネージャーから注意があった上での何かと、何もなく過去のことやあるいはキャラクターとかで何か考えることはあります」とした。

 さらに、さまざまな出来事があり「もう万策尽き果てた」と吐露し「何をやっても狙っているように思われる。(恋愛も)自己責任で好きなようにして、彼氏がいることにファンのみなさんが悔しいと思いながらも選ぶことになるかもしれない」と明かしていた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索