日テレ・桝太一アナ、ダイスケ新曲MVで初演技「自己採点では85点」

 シンガー・ソングライター、ダイスケの新曲「スケッチブック」(27日発売)のミュージックビデオ(MV)に日本テレビの桝太一アナが出演していることが明らかになった。枡アナがMVに出演するのは今回が初。同局の男性アナウンサーがMVに出演するのは、当時局アナだった羽鳥慎一アナがFUNKY MONKEY BABYSの「ヒーロー」(2009年11月発売)で父親役を演じて以来、3年3ヶ月ぶりとなった。

 同曲は、枡アナが総合司会を務める情報番組『ZIP!』(毎週月〜金曜 前5:50〜)でダイスケがレギュラー出演するコーナー「ZIP!スマイルキャラバン」のテーマソング。ダイスケが同コーナーで日本各地を旅した経験を元に書き下ろし、「別れても必ずまた出会える」という前向きなメッセージを詰め込んだ。

 MV初出演の枡アナは「アーティストの作品に出させていただくというのは、非常に関係性が濃くないと実現できないものだと思います。今回ダイスケくんのMVに出させていただいたことは繋がりがひとつ増えたというか、さらに濃くなったなと感じられ、とても光栄ですし、嬉しいです」と実直なコメント。ダイスケも「毎日映像越しで顔を合わせているのですが、今回をきっかけにさらに絆を感じることができました」と喜んだ。

 卒業する生徒たちを送り出す教師役で初の演技を披露した枡アナは「演技は自然にできたと思いますので、自己採点では85点とさせてください」と自らに合格点を与えていた。

関連写真

  • ダイスケ(右)の新曲「スケッチブック」のミュージックビデオに出演した桝太一アナ
  • 卒業する生徒たちを送り出す教師役で初めての演技を披露
  • 「スケッチブック」ジャケット写真

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索