アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 正月三が日のCM、TOP3はグリーらSNS系が独占

正月三が日のCM、TOP3はグリーらSNS系が独占


 CM総合研究所は10日、2013年の正月三が日(1月1日から3日)に放送されたCMの銘柄別放送回数を発表した。1位は412回の【グリー/GREE】、2位は【サイバーエージェント/アメーバスマホ】(176回)、3位は【ディー・エヌ・エー】(169回)となり、TOP3をSNS系のCMが独占した。昨年度は、【ユーキャン/イメージアップ】が229回で首位だったが、今回は158回で4位に留まった。

 三が日の新作CMは178本を記録し、3年連続で増加。元旦に放送された新作CMは106となり、2007年以来となる100作超えとなった。

 企業別では、グリーが412回で最多。以降は【ダイハツ】(294回)、【スズキ】(289回)、【日産】(236回)と、昨年上位を独占した自動車系が続いた。

 また、1月前期の銘柄別CM好感度ランキングも発表され、首位は年間総合1位6連覇中の【ソフトバンク】。2位には役所広司八嶋智人らが出演する法廷を舞台にした【ダイハツ/ムーヴ】、3位には嵐が出演する【日産/ノッテコニッサン】などコミカルなストーリーのCMが顔を揃えている。
タグ

オリコントピックス