• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 河内家菊水丸が甲状腺乳頭がん 摘出手術成功し7日に退院へ

河内家菊水丸が甲状腺乳頭がん 摘出手術成功し7日に退院へ

 河内音頭家元・河内家菊水丸(49)が、昨年10月に行った人間ドック後の精密検査の結果、甲状腺乳頭がんと診断され、12月25日に大阪警察病院で、甲状腺がんの摘出、気管支のがん細胞摘出、リンパに転移したがん細胞の摘出手術を受けたことがわかった。手術は約5時間かけて行われ、無事成功した。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。

 手術当日の25日と翌日は集中治療室で過ごしたが、28日深夜からは一般病棟に移動。歩行訓練、声帯訓練のリハビリを経て、1月7日に退院することが決まった。

 手術が成功した河内家は「声も順調に回復しています。リンパに転移していた癌が声帯を圧迫していたので、郭清出来たことで、30代の声に戻る可能性が高いといわれました。今年の盆踊りが楽しみです」と順調な回復ぶりを明かしている。

 河内家は10月に人間ドックを受診し、甲状腺乳頭がんの疑いが発覚。その後、精密検査を受け、甲状腺乳頭がんと診断され、さらに気管にがんが巻き付いていることが判明した。

 今後については、体調を考慮しながら活動を再開していくとしている。

オリコントピックス

 を検索