• ホーム
  • 映画
  • 新海誠監督、2年ぶりの新作『言の葉の庭』発表

新海誠監督、2年ぶりの新作『言の葉の庭』発表

 デビュー作『ほしのこえ』(2002年)、『秒速5センチメートル』(2007年)、『星を追う子ども』(2011年)を手がけ、次世代を担うアニメーション監督として期待されている新海誠監督の2年ぶりの新作『言の葉の庭』が来年(春〜初夏)劇場公開されることが24日、発表された。

 新海監督は「初めて“恋”の物語を作っている。すくなくとも自分の過去作では描いてこなかった感情を、本作ではアニメーション映画の中に込めたいと思っている。恋――愛に至る以前の、孤独に誰かを希求するしかない感情の物語だ。誰かとの愛も絆も約束もなく、そのはるか手前で立ちすくんでいる個人を描きたい」とコメント。

 今回の企画を立ち上げる際に新海監督の頭に浮かんだのは「大和(やまと)言葉」だった。「万葉の時代、大陸から持ち込んだ漢字を自分たちの言葉である大和言葉の発音に次々に当てはめていった。たとえば『春』は『波流』などと書いたし、『菫(すみれ)』は『須美礼』と書いたりした。現在の『春』や『菫』という文字に固定される前の、活き活きとした絵画性とも言えるような情景がその表記には宿っている。

 そして、『恋』は『孤悲』と書いた。孤独に悲しい。遠い我々の祖先が恋という現象に何を見ていたかがよく分かる。ちなみに『恋愛』は近代になってから西洋から輸入された概念であるというのは有名な話だ。かつて日本には恋愛はなく、ただ恋があるだけだった」と話している。

 新海監督の新境地が見られるのは来年、「新緑の季節」とのことだ。



オリコントピックス