• ホーム
  • 芸能
  • 第9回『好きな女子アナランキング』、加藤綾子アナが“V2”達成!

第9回『好きな女子アナランキング』、加藤綾子アナが“V2”達成!

■ランキング表はこちら

 ORICON STYLEでは今年で9回目となる恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を発表。1位に選ばれたのは朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)、明石家さんま司会の『ホンマでっか!?TV』(同局系)アシスタントなどを務める【加藤綾子】アナウンサー。加藤アナは昨年に引き続きV2を達成。同ランキング殿堂入りを果たしている先輩である高島彩に続く“長期政権”を予感させる圧倒的な強さを見せつけた。

 加藤アナは、次世代を担う女子アナとして鳴り物入りで2008年にフジテレビに入社。“カトパン”の愛称で、バラエティ番組で頭角を現し、その爽やかな笑顔で人気を博す。さらに2010年より『めざましテレビ』の情報キャスタ―に抜擢され、抜群の安定感を誇るニュース読みはもちろん、機転の利いたアドリブ力でその実力を証明した。「話し方も爽やかで、控えめな雰囲気がいい」(東京都/30代/女性)、『ホンマでっかTV』でのさんまとのやりとりを見ていると、無茶振りでもきちんと応じているところがいい」(大阪府/40代/女性)と、その高い実力が評価されている。高島彩、中野美奈子と人気女子アナがたて続けに同局を退社するなか、その容姿はもちろん、オールマイティに何でもこなせるアナウンススキルから、名実ともに同局の顔となりつつある。

 続く2位には、昨年4位から躍進したテレビ東京の【大江麻理子】アナウンサーがランクインした。大江アナといえば、清楚な顔立ちからは想像できない、ふんわりとした優しげな雰囲気と、ちょっぴり天然なリアクションが魅力。特にお笑いコンビ・さまぁ〜ずと共に出演する『モヤモヤさまぁ〜ず2』ではトリオ状態の絶妙なやり取りを見せ、ショートコントや一発ギャグを披露することも珍しくない。「清楚な感じで、素敵。なのに天然なところがいい」(茨城県/20代/女性)、「アナウンサーらしからぬほんわかした雰囲気が良い」と、その飾らない素朴な人間性を支持する声が高い。また、さまぁ〜ず自身も大江アナをいたく気に入っており、大江アナ無くして『モヤさま』はありえないと常々公言している。バラエティ一辺倒かと思いきや、『田勢康弘の週刊ニュース新書』や池上彰の特別番組(不定期放送)などではアシスタントを務めるなど、アナウンサーとしての本筋を怠らない点も彼女が支持される要因だ。

 今回のランキングでも現在人気のアナウンサーたちが軒並みランクインしているが、なかでも注目は昨年の10位圏外から4位にランクアップした日本テレビの【水卜麻美 】アナウンサーだ。2010年に同局に入社した水卜アナは、今後の飛躍を最も期待される女子アナといえる。昨年11月よりスタートし、高い人気を誇る南原清隆が司会を務める情報番組『ヒルナンデス!』のアシスタントに抜擢されたことでも、その期待の高さがうかがえる。「とてもかわいらしくて癒される。チャラチャラしていないところも好印象」(東京都/20代/女性)、「ヒルナンデスでの活躍ぶりがいい。食べてる姿がかわいい」(神奈川県/40代/女性)と、真面目で実直な姿勢が好感を集めており、特に女性からの人気が高いのが特徴的だ。

 女性アナウンサーといえば、その容姿だけが注目され“アイドル”的な立ち位置を求められてしまうのが常だったが、今回のランキングを振り返ってみると、報道、バラエティと両極端の番組でしっかりと対応できるアナウンサーが支持されている。容姿端麗はもちろん、的確な情報伝達やスムーズな司会進行と、全てをこなすことが現在のテレビ業界で求められている。

※高島彩は、2008年に5連覇達成で殿堂入り。

TOP10ランキング表はこちらから!

【調査概要】
調査時期:2012年11月6日(火)〜11月9日(金)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



関連写真

  • 2連覇を達成したフジテレビ・加藤綾子アナウンサー(2010年11月撮影)
  • 2位のテレビ東京・大江麻理子アナウンサー (C)ORICON DD inc.
  • 10位圏外から急上昇した、4位の日本テレビ・水卜麻美アナウンサー (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス