AKB柏木由紀、連ドラ初主演&主題歌でソロ始動 個人レーベル「YukiRing」も発足

 人気アイドルグループ・AKB48柏木由紀(21)が、来年2月6日にソロデビューシングル(タイトル未定)を発売することが決定した。11日、埼玉・西武ドームで行われているAKBの握手会イベントで発表され、2万人のファンから割れんばかりの拍手が沸き起こった。

 同曲は、自身が初主演する来年1月期の連続ドラマ(テレビ東京)の主題歌にも決定。所属レコード会社・エイベックス内にはAKBメンバー初となる個人レーベルが発足し、総合プロデューサーの秋元康氏が柏木の愛称にちなんで「YukiRing(ゆきりん)」と命名した。

 柏木は「今後はソロも頑張りつつ、それをAKB48に戻していけるように頑張ります」とあいさつ。「他のメンバーとはまた違ったことをできたらと思っていたので、新レーベルを作っていただいたことはとても嬉しいです」と目を輝かせた。

 デビュー曲のレコーディングはまだ行われていないが、秋元氏が「柏木のバラードに惚れました」と評価していることから「バラード楽曲になる予定」(関係者)という。柏木自身も「バラードを歌いたいです! 他のメンバーにない曲調でアピールできればと思います」と意気込んでいる。

 柏木は今年7月に都内でソロライブ中、総合プロデューサーの秋元康氏からの伝言でソロデビューを知らされたが、約4ヶ月間音沙汰なし。今月1日に「YUKIRING」とだけ記されたカウントダウンサイトが突然公開され、ファンの間ではついにソロプロジェクトの発表か、と話題になっていた。

YukiRing公式サイト

関連写真

  • 来年2月6日に自身が初主演するドラマ主題歌でソロデビューが決まったAKB48の柏木由紀(写真は11日=西武ドーム)(C)AKS
  • ソロデビュー日決定を笑顔で報告するゆきりん (C)AKS
  • 独自レーベル「YukiRing」ロゴ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索