アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • メンバー不祥事のソーセージが解散 新コンビ「アキナ」で再始動

メンバー不祥事のソーセージが解散 新コンビ「アキナ」で再始動

 メンバーが不祥事を起こしていたお笑いトリオ・ソーセージが15日、解散を発表した。7月2日、藤本聖(28)が交際相手の女性にけがを負わせ逮捕(示談成立で不起訴処分)された件を受け、時間をかけて話し合った結果「トリオを解散する」という結論に至った。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーによると15日付でトリオを解散し、今月27日より秋山賢太(29)と山名文和(32)が新コンビ「アキナ」として再スタートを切る。

 藤本は7月20日に女性と示談が成立したことで保釈された際、所属事務所を通じて「被害者の方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心よりお詫び致します。またファンの皆様や関係者の方々にご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と謝罪。同社は「不起訴処分となりましたが、藤本が女性に暴力を振るってけがをさせたことは事実であり、どんな理由があろうと許されるものではありません」として、当面の間、謹慎処分としていた。

 その後、3人が選んだ結論は「解散」。藤本が脱退する形で、新コンビ・アキナとして始動する二人は「今まで先輩方、後輩たち、スタッフさん、そして応援して下さった方々へ感謝の気持ちでいっぱいです! これから、二人の活動になりますが、一から全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメント。アキナは27日(土)、大阪・5upよしもとで開催されるオーディション「サードチャレンジ」より活動を開始する。なお、藤本は「芸能活動再開にむけ頑張っていく心持ち」としている。



オリコントピックス