アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 上半期CM好感度、実写『ドラえもん』で「トヨタ」が急上昇

上半期CM好感度、実写『ドラえもん』で「トヨタ」が急上昇


■ランキング表はこちら

 CMに関する調査を行うCM総合研究所が18日、2012年度上半期の銘柄別CM好感度ランキングを発表し、最も視聴者の好感度が高かったのは【ソフトバンクモバイル/SoftBank】だったことがわかった。年間好感度ランキングで5連覇中とあって、2012年上半期も変わらずの人気に。また、2位には【トヨタ/イメージアップ】がランクイン。国民的人気漫画『ドラえもん』の20年後を実写で描いたCMなどが人気となり、前年509位から急上昇した。

 【ソフトバンクモバイル】は、人気の『白戸家』シリーズにトリンドル玲奈やお笑い芸人・スギちゃんなど旬なタレントを起用。また、映画『ローマの休日』をモチーフにしたCMでは、ローマを満喫中の上戸彩を案じる白戸家ファミリーのほか、トレヴィの泉で“龍馬かぶれ”こと武田鉄矢が登場するなど、意外性のあるストーリーが話題を集めた。

 【トヨタ】は、仏俳優のジャン・レノがドラえもんを演じ、人気アイドルグループ・AKB48の前田敦子が“ジャイ子”を演じる『ドラえもん』シリーズが人気に。また、木村拓哉演じる織田信長とビートたけし演じる豊臣秀吉が東北をドライブする『ReBORN』シリーズでは、お市の方をマツコ・デラックスが演じるなど、奇抜なキャスティングで注目を集め大躍進した。

 その他、剛力彩芽がアニメ『巨人の星』の星飛雄馬らと共演するCMが好評の【KDDI/au】が3位、桑田佳祐や布袋寅泰ら人気ミュージシャンを起用した【NTT ドコモ/NTT DOCOMO】が4位にランクイン。ユースケ・サンタマリアと小池栄子が夫婦役を演じる【ダイハツ/Tanto】(5位)や、ブルース・ウィリスを起用した【ダイハツ/ミラ】(7位)も好調で、2012年上半期は通信サービス系や自動車系の銘柄がランキング上位に並ぶ結果となった。

【調査概要】
調査期間:2012年1月度〜2012年6月度(2011年12月20日〜2012年6月19日)
調査対象:関東一都六県在住の一般モニター男女3000人に聞いた「月例CM好感度調査」の6ヶ月分を集計
期間中のCMオンエア総数:1613社、5767銘柄、10909作品(東京キー5局)
※企業・銘柄・代表作品名はCM DATABANK登録名称
(すべてCM総合研究所調べ)



順位
(前年順位)
広告主/代表作品銘柄名主な出演者

(2位)
ソフトバンクモバイル
「白戸家:龍馬の休日」篇ほか
Soft Bank上戸彩スギちゃん
トリンドル玲奈ほか

(509位)
トヨタ
「のび太のもしもな世界」篇ほか
イメージアップ妻夫木聡前田敦子
ジャン・レノほか

(7位)
KDDI
「家族もおトク」篇ほか
au剛力彩芽伊勢谷友介
井川遥ほか

(3位)
NTT ドコモ
「とあるプレゼンテーション」篇ほか
NTT DOCOMO桑田佳祐布袋寅泰
渡辺謙ほか

(12位)
ダイハツ
「回転寿司」篇ほか
Tantoユースケ・サンタマリア
小池栄子ほか

(40位)
グリー
「探検ドリランド・着うた」篇ほか
GREETOKIOほか

(70位)
ダイハツ
「高い壁」篇ほか
ミラブルース・ウィリスほか

(―)
東京ガス
「節電歌」篇ほか
エネファーム八代亜紀三浦春馬ほか

(8位)
サントリー
「医師」篇ほか
ボストミー・リー・ジョーンズ
寺島しのぶほか

(791位)
日清食品
「ひよこ売り子」篇ほか
チキンラーメン芦田愛菜ほか


関連写真

  • AKB・前田敦子が20年後のジャイ子を演じ話題となったトヨタの『ドラえもん』CMシリーズ
  • お笑い芸人・スギちゃんが出演した『白戸家』CMシリーズ
  • 根強い人気! 『宇宙人ジョーンズ』CMシリーズ
タグ

オリコントピックス