アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • AKB48初のドーム公演名は『1830mの夢』に あっちゃん最後の生誕祭で発表

AKB48初のドーム公演名は『1830mの夢』に あっちゃん最後の生誕祭で発表

 人気アイドルグループ・AKB48は10日、東京・秋葉原のAKB48劇場公演を開催し、グループ初の東京ドーム公演のタイトルを『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』(8月24日〜26日)と発表した。“近くて遠い”同劇場と東京ドームとの距離をタイトルに刻み、結成当初からの夢を実現する。

【写真】その他の写真を見る


 これまで開催と日程のみが発表されていたドーム公演のタイトルが、ついに明かされた。チームAキャプテンの高橋みなみはタイトルを発表した後「この劇場から東京ドームまで1830メートル歩かせていただきました。本当に近かったです。でも…遠かった」と感慨深げ。「7年かかった1つのゴールラインそしてスタートラインです」と伝えると、そばで聞いていたメンバーたちも改めて気合いを入れ直していた。

 この日、21回目の誕生日を迎えた前田敦子は体調不良の中、最後の「生誕祭」公演に出演。「今年はこうやって誕生日当日に、AKBとしての最後の生誕祭をやってもらえたのは一生の宝物です。私は夢をたくさん持っています。少しずつかなえていって皆さんに恩返ししたいと思います」とファンに感謝を伝えた。



関連写真

  • 東京ドーム公演のタイトルを発表したチームAキャプテンの高橋みなみ(C)AKS
  • この日は前田敦子最後の生誕祭も開催 篠田麻里子(右)が涙
  • 劇場公演の模様
  • 運命の東京ドームコンサートの概要が発表された
  • 体調不良のなかAKB48の劇場公演に参加したAKB48・前田敦子(C)AKS
  • AKB48劇場で行われた前田敦子生誕祭の模様(C)AKS
  • AKB48劇場で行われた前田敦子生誕祭の模様(C)AKS
  • AKB48劇場で行われた前田敦子生誕祭の模様(C)AKS

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019