• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 秋元康氏、さしこ移籍の経緯説明「長い会議の上に出した結論」

秋元康氏、さしこ移籍の経緯説明「長い会議の上に出した結論」

 15日深夜のニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』内で、指原莉乃にHKT48への移籍を伝えた総合プロデューサー・秋元康氏が16日、Google+で改めて移籍についてコメントした。

 秋元氏は、今回の件で指原に「イエローカード一枚相当の厳重注意をしました」とした上で、移籍について「指原莉乃に新たな挑戦をさせたかったことと、若いHKT48のメンバーの刺激になればいいと僕たちが長い会議の上に出した結論です」と経緯を説明。指原の持つ「“不屈の精神”、“何があってもあきらめない気持ち”は、AKBのメンバーとして模範となるもの」とし「この強さを後輩に伝えて欲しいと思い、結成して間もないHKT48に移籍させることにしました」と明かしている。

 また、“左遷”という意見については「それはHKT48のメンバーや支えてくれているファンのみなさんやスタッフに失礼です」と否定している。

 さらに秋元氏は「ファンのみなさんにせっかく4位にしていただいた指原ですが、どこまで“ヘタレ”なのでしょう。肝心なこの時期に…。でも、それが指原なのです」と愛情たっぷりにコメントし「AKBで一番“期待に応えないメンバー”指原莉乃を温かく見守ってやってください」と締めくくっている。

⇒⇒ AKB48が出演する『a-nation』のチケット発売情報

オリコントピックス