• ホーム
  • 音楽
  • 西村賢太氏、“大ファン”稲垣潤一との初対面に感激「ファンで申し訳ない」

西村賢太氏、“大ファン”稲垣潤一との初対面に感激「ファンで申し訳ない」

 芥川賞作家の西村賢太氏が、9日に都内で行われた歌手・稲垣潤一の最新カバーアルバム『ある恋の物語 My Standard Collection』(13日発売)の発売記念トークイベントに参加した。自身の作品に稲垣の楽曲を登場させるなど30年来の“稲垣ファン”だという西村氏は、念願の初対面に頬を緩ませながらも「僕の小説は女性から反感を買いやすいんですが、そんなやつが稲垣さんのファンでいて申し訳ない」と恐縮しきりだった。

 稲垣のデビューシングル「雨のリグレット」(1982年)をテレビで聴いて衝撃を受け、4thシングル「エスケイプ」(83年)で本格的なファンになったという西村氏。執筆中には必ず稲垣を聴くといい「とにかく声が心地いい。新譜も既に擦り切れるほど聴きました」と熱弁をふるいながら「僕のようなゴキブリのような男から、女性まで幅広いファンがいるというのも稲垣さんの魅力。これからもファンでいさせてください」と頭を下げ、笑いを誘った。

 読書家でもあるジャズピアニスト・山中千尋から西村氏の存在を聞かされたという稲垣は「僕の曲が作品に登場するって聞いて、そういう方がいるんだと。嬉しい限りですね」とニッコリ。西村氏は「稲垣さんに許可をいただいたので、これからも作品に登場していたただこうと思います」と、額ににじんだ汗を何度もぬぐっていた。
 
 稲垣の新作は、洋楽のスタンダード全11曲を日本語で歌唱したカバーアルバム。「最近日本語でスタンダードナンバーを歌う人が少なくなった。だったら、自分でやろうと思って」と制作経緯を説明。ラテン、シャンソン、ジャズなどさまざまなジャンルの楽曲が並び「僕のルーツミュージックっと言っていいほどです」と自信をうかがわせた。

⇒⇒ 稲垣潤一のチケット発売情報



関連写真

  • 大ファンの稲垣潤一(左)を前に頬が緩みっぱなしの芥川賞作家・西村賢太氏 (C)ORICON DD inc.
  • 感激の面持ちで花束を贈呈 (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス