アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【沖縄国際映画祭】渡辺直美、“渦中の恋人”を赤裸々告白「振り向かせたい」

【沖縄国際映画祭】渡辺直美、“渦中の恋人”を赤裸々告白「振り向かせたい」

 お笑いタレントの渡辺直美が28日、沖縄・宜野湾を中心に開催中の第4回沖縄国際映画祭に出品された主演映画『SPOTLIGHT』(フジテレビ制作)の上演後に報道陣の取材に応じ、先日判明した片思い相手について赤裸々に語った。同局でドラマや映画の照明を手掛ける男性に片思い中の渡辺は「野球少年のような人で、この映画の撮影で出会ったんです」と頬を赤らめて告白。バラエティ番組では会えないため、「お会いできるように、女優業も頑張って振り向かせたい」と宣言した。

【写真】その他の写真を見る


 先日のCDデビューイベントで平成ノブシコブシの吉村崇から“渦中の恋人”を暴露されてしまった渡辺は、人づてにお相手がその模様を観たと聞いたそうで「俺のことかなって思っているそうで、そのことが照明界で噂になっている。申し訳ない……」としょんぼり。すると共演した木村祐一は「その人があなたにスポットライトを当てたの?」と突っ込みを入れ、渡辺は「そうなんです! どこに動いても私を見てる! めっちゃ見てるじゃん! って。撮影だから当たり前なんですけど」と元気を取り戻し、乙女心をのぞかせた。

 同作は、ダンサーになるため上京したものの、オーディションに落ち続け、とある老舗キャバレーで下働きするダメ女・鴨下蘭(渡辺直美)が、一人の少女(小林星蘭)との出会いをきっかけに「自分の夢にどう立ち向かっていくか」を問いかけていく物語。同作で初めてメガホンを執った同局の浜崎綾監督は「コメディ・ダンスを撮るなら渡辺直美ちゃんしかいない」と起用理由を明かした。

 映画祭初日にセクシーなキャミソールタイプのドレスに身を包んでレッドカーペットを歩いた渡辺は、上演前の舞台あいさつで「まさか沖縄がこんなに寒いとは思わず、全面的に肩を出させていただきました。そこからちょっと風邪を引いています」と苦笑。監督としても活動する木村は、コメディエンヌ・渡辺の主演ぶりを「主演顔だよね。脇役だったら邪魔でしょうがないし、ビーチの巨大スクリーンでも十分耐えうる」と木村流に褒めていた。

関連写真

  • 片思い相手について赤裸々に語った渡辺直美 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『SPOTLIGHT』上映後、取材に応じた(左から)浜崎綾監督、渡辺直美、小林星蘭、木村祐一

オリコントピックス