アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • RIP SLYMEのPES、5月にソロデビュー 第1弾は堺雅人主演ドラマ主題歌

RIP SLYMEのPES、5月にソロデビュー 第1弾は堺雅人主演ドラマ主題歌

 5人組ヒップホップグループ・RIP SLYMEのPESが、5月30日にソロデビューすることが27日、わかった。RIPの楽曲のソングライティングを多数手がけ、SMAPやJUJUらに楽曲提供してきたPESのソロ第1弾シングルは「女神のKISS」。同曲は、堺雅人主演ドラマ『リーガル・ハイ』(4月17日スタート、毎週火・後9:00〜 フジテレビ系)の主題歌に決定した。

 ドラマは、偏屈で毒舌で最低の性格だが、訴訟で一度も負けたことがない敏腕弁護士(堺)と、真面目で正義感が強いが、融通の利かない堅物な新米弁護士(新垣結衣)がぶつかり合いながらも法廷で共闘するストーリーを、コメディー要素満載で展開する。

 フジテレビ・編成企画の成河広明氏は「法律とコメディーという異質な2つのジャンルが合わさった作品の主題歌をどうしようかと考えたとき、思い浮かんだのがPESさんでした。手がけられた楽曲のすべてが都会的センスと大人のオシャレ感であふれていて、世界観がドラマに通じるものがあると直感しました」と説明。その期待どおり「キャスト、スタッフ全員が納得の一曲」に仕上げた。

 昨年、メジャーデビュー10周年を迎えたRIP SLYMEから満を持してソロデビューに踏み切るPESは「2年前くらいから自分の曲をまとめて出していきたい、という思いはありました。自分のクリエイティヴを突き詰めてみるとどうなるか、ソロとしての表現の場での自分試し、みたいな気持ちもあります」と心境を語る。

 楽曲制作については「ギターを弾きながらタイトルや詞を付けていきました」と明かし、プロデュース面は以前から交流があったJUN SKY WALKER(S)の寺岡呼人がサポート。「ぜひ、RIP SLYMEから飛び出したサウンドをお楽しみください」と自身の新境地をアピールした。



オリコントピックス