福山雅治、新CMは『アルマゲドン』監督が制作

 歌手で俳優の福山雅治が出演する『アサヒスーパードライ』の新CMを、ハリウッド映画『アルマゲドン』、『トランスフォーマー』シリーズなどを手がけたマイケル・ベイ監督が制作したことがわかった。CM曲は、福山が書き下ろしたイメージソング「Around The World」を採用。新CM「GRAND SHOUT」篇は、きょう9日から全国で放映される。

 撮影は、手つかずの自然が広がる米ユタ州のモアブで行われた。氷点下のなか薄着の衣装で登場した福山は、「彼がトップスターであることが一目見てわかった」(ベイ監督)と言わしめる熱いシャウトを披露。まるでハリウッド映画のようなスケール感あふれるCMが完成したという。

 今回は新たな試みとして、本CMの予告編を1日から放映したほか、60秒・90秒の長編バージョンも制作。10日放送の『お願いランキングGOLD 2時間スペシャル」(テレビ朝日系 後6:58〜)、プロ野球『東日本大震災復興支援ベースボールマッチ 日本VS台湾』(TBS系 後6:00〜)で放映されるほか、映画館、街頭ビジョンなどでも流れる予定だ。

 CM「Around The World」は、福山の28th シングル「生きてる生きてく」(28日発売)に収録される。



関連写真

  • 【CMカット】マイケル・ベイ監督とタッグを組んだ福山雅治
  • 【CMカット】ハリウッド映画のような迫力あるシーンも放送

オリコントピックス