• ホーム
  • 音楽
  • 舟木一夫、50周年50都市ツアー開幕「高校三年生が67歳になっちゃった」

舟木一夫、50周年50都市ツアー開幕「高校三年生が67歳になっちゃった」

 歌手の舟木一夫(67)が8日、東京・国際フォーラムAで芸能生活50周年を記念した全国50都市ツアーをスタートした。黒のタキシードで登場した舟木は「何だか50年経って、高校三年生が67歳になっちゃいました。ついこないだまで詰襟を着ていたような気がします」と茶目っ気たっぷりにあいさつ。50周年を迎える喜びを5000人のファンと分かち合った。

 舟木は1963(昭和38)年6月に「高校三年生」でデビューし、西郷輝彦橋幸夫とともに「御三家」として一躍人気者に。「振り返ってみると、いかに後悔の多かったことか。でもそれがむしろ懐かしい思い出。今になって心から、流行歌手になってよかったと感じられるようになりました」と感慨深げに半世紀におよぶ芸能生活を振り返り、「山あり谷ありでしたが、次は70歳を一つの目標にして努力していきたい」とファンに誓った。

 「デビューから10年間くらいに絞り込んで、青春の熱がこもった歌をお届けします」と力強く宣言すると、往年のヒット曲や元旦に発売した5年半ぶりの新曲「明日咲くつぼみに」など全27曲を披露。舟木より平均年齢が5歳若いといわれるファンたちは、手拍子や大合唱で大いに盛り上がっていた。

 50周年記念ツアーは12月まで、全国50ヶ所で行われる。

舟木一夫 チケット発売情報



関連写真

  • 芸能生活50周年記念の全国ツアーをスタートした舟木一夫
  • デビュー曲「高校三年生」など全27曲を熱唱した

オリコントピックス