• ホーム
  • 映画
  • 「宇宙キターッ!」が大好評『仮面ライダーフォーゼ』坂本浩一監督インタビュー

「宇宙キターッ!」が大好評『仮面ライダーフォーゼ』坂本浩一監督インタビュー

 2010年6月の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還をきっかけに、宇宙ブームが加熱する中、仮面ライダーまでもが「宇宙キターッ!」。このキャッチフレーズと両手を空に向かって突き上げるポーズがちびっ子たちに大好評の平成ライダーシリーズ最新作『仮面ライダーフォーゼ』(毎週日曜 前8:00 テレビ朝日系)。昨年9月4日の放送スタートから早いものでもうすぐ半年。物語は折り返し地点にさしかかる。『フォーゼ』のメイン監督を務めるのは、特撮ファンの間でも信頼厚い坂本浩一監督。特撮にかける人生を通して、その魅力を語ってもらった。

イケメンガレッジ Vol.4『『仮面ライダーキバ』で活躍中の瀬戸康史を徹底解剖!!』(08年02月20日)


 坂本監督は1970年生まれ。「僕が子供だった1970年代は、日本でもっとも盛んに特撮番組が放送されていた時代。特撮ヒーローはもっと身近な存在だった」と話す。それからジャッキー・チェンに憧れ、高校在学中からアクションスタントの事務所に入門。高校卒業後、米国に留学し、そのままスタントマンとしてキャリアをスタートさせる。やがて米国版スーパー戦隊『パワーレンジャー』のアクション監督からプロデュース、製作総指揮まで手がけるまでになった。

 『パワーレンジャー』シリーズが一時終了した2009年に帰国。すぐさま映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年)を監督し、『仮面ライダーW』(2010年)のTVシリーズ及び同作の劇場版、Vシネマ『仮面ライダーW RETURNS』(2011年)でもその手腕を存分に発揮し、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年)にも監督として参加している。

 つまり、坂本監督は、ウルトラマン、仮面ライダー、そしてスーパー戦隊の米国版と日本版と、3大特撮シリーズすべてに携わっている稀有な存在なのだ。そして、手がけた作品はいずれも大ヒットを記録している。

 「特撮ヒーローものに影響されて育った世代が親になり、ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊のシリーズも脈々と続いていて、親も子供も一緒に楽しめる作品として、一大ブームを形成しています。昔は子供のための番組だったものが、家族の共通話題として楽しめる作品として、特撮ジャンルの可能性が広がりました。作り手側にとっては、子供が楽しめるというのが第一条件であることには変わりないが、プラスして大人の鑑賞にも耐えうる内容、映像のクオリティも含めて、幅広いニーズに応える作品作りが求められています。常にチャレンジですね」。

 『フォーゼ』はまさにチャレンジングな作品だ。漫画家・石ノ森章太郎さんの原作から1971年に誕生し、日本を代表するヒーローとなった『仮面ライダー」が、40年の時を経て、ついに、宇宙へ飛び出した。

 「『フォーゼ』は特殊な仮面ライダーで、40年続いたライダーの中で、これまでにないチャレンジをしています。宇宙、そして学園という題材を扱っていますし、主人公を如月弦太朗という高校生ヒーローにしたのも新しい。作品自体もコメディチックだったり、アニメチックだったり、いろいろ挑戦しています」。

 「宇宙キターッ!」のキャッチフレーズとポーズは、瞬く間に子供たちのハートをキャッチ。「仮面ライダーシリーズは、子供にとって変身ポーズとライダーキックを真似するところが醍醐味。僕らもそれを、目指してキャッチフレーズや変身ポーズを考えてきましたから、真似してくれている子供を見かけるとすごく嬉しいですね」。

 主人公・弦太朗が“不良”という設定も、親世代には懐かしい。「30代後半から40代のお父さんが中学、高校時代に流行った『ビー・バップ・ハイスクール』の映画版の仲村トオルさんのイメージ(笑)」と遊び心満載だ。親には懐かしいヘアスタイルや服装も、今の子供は知らないから新しい刺激にもなる。

 「仮面ライダーと喧嘩が強いお兄ちゃんは、どちらも子供たちにとって憧れの存在であるという点でシンクロする。今回は弦太朗役の福士蒼汰君が持っている本来のピュアな魅力とヤンキールックがうまくはまって、いまでにない新しいキャラクターが生まれました」。

 『フォーゼ』に限ったことではないが、特撮シリーズは番組から商品開発まで準備に時間がかかることから、企画自体は数年前から動き始める。今回は、2011年から2012年にかけては「宇宙が来る」と決断したプロデューサー陣に先見の明があった。昨年JAXAの宇宙飛行士・古川聡氏が国際宇宙ステーション(ISS)へ長期滞在に旅立ち、無事帰還。最後のスペースシャトルの打ち上げなど、宇宙の話題には事欠かず、エンターテインメント界も「はやぶさ」をテーマにした映画が立て続けに公開され、人気漫画『宇宙兄弟』が今春テレビアニメの放送、実写映画の公開が控える。

 「情報化社会の子供たちは、最先端の情報を敏感に受け取っているし、常に新しいものを提供していかないと飽きられてしまう。ライダーとしては異質かも知れなないけど、宇宙をモチーフにした作品は自然な感じで受け入れてもらえた」と坂本監督も手応えに笑みが溢れる。

 これまでの仮面ライダーは単独のヒーローとして、チームで戦うスーパー戦隊と明確に差別化されていた。しかし、『フォーゼ』では仮面ライダー部という高校の部活動の仲間とともに、ドラマを展開している点でも“異質”なのである。「そもそも宇宙での任務はチームワークがなければ遂行できない。宇宙飛行士もいれば、打ち上げに協力するチームもいて、打ち上げ後に地球からサポートするチームもいる。それを反映させて、宇宙飛行士にあたるのが仮面ライダーで、NASAやJAXAのチームにあたるのが仮面ライダー部。現実のシステムに照らし合わせた構成になっています」。

 今後のテレビ放送では、仮面ライダーフォーゼと彼をサポートする仮面ライダー部とのチームワークによる活躍が見どころになりそうだ。TVシリーズの第1話から第4話までを収録するDVD&Blu-ray 『仮面ライダーフォーゼ VOL.1』が豪華特典付きで発売中。



関連写真

  • 『仮面ライダーフォーゼ』のメイン監督を務める坂本浩一監督 (C)ORICON DD inc.
  • TVシリーズ『仮面ライダーフォーゼ VOL.1』Blu-ray&DVD発売中
  • TVシリーズ『仮面ライダーフォーゼ VOL.1』Blu-ray&DVDの特典映像に「仮面ライダー部・部会 クイズ・仮面ライダー都市伝説!!」を収録(C)2011 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • TVシリーズ『仮面ライダーフォーゼ VOL.1』Blu-ray&DVDの特典映像に「キャスト座談会」を収録(C)2011 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

オリコントピックス