• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • RAG FAIRおっくん「左特発性顔面神経麻痺」で入院

RAG FAIRおっくん「左特発性顔面神経麻痺」で入院

 活動休止中のアカペラグループ、RAG FAIRの“おっくん”こと奥村政佳(33)が「左特発性顔面神経麻痺」と今月20日に診断され、現在も治療のため入院していることがわかった。28日に名古屋市内で出演予定だったライブイベント『松永貴志 featuring 奥村政佳』は開催中止が決まり、奥村は公式サイトで謝罪とともに「生まれて初めての入院生活ですが、順調に治療も進んでいますので安心して下さい」とコメントしている。

 22日にライブ中止を公式サイトで発表したのに続き、25日には自身のブログで「原因ははっきりとはわからないものだそうですが、いろんなストレスで抵抗力が弱まったときになる人が多いらしく、震災から1年という区切りを前にどれも大切にしたいことが、色々立て込んでしまったというのも正直なところです」と経緯を報告。

 「左半分の顔に力が入らない状況」といい「まぶたも閉じないし、おでこ、鼻、唇も。歯医者で歯を抜いた直後の違和感がずっと続くみたいな感覚。寝るときも目が閉じないし、シャワーのときも困ります。幸い聴覚は正常だけど、味もなんだかヘンだし、ごはんは噛めば噛むほどお口が勝手に右へ行きたがるし、左頬はリスみたいにたまるので、これがちょっとツラいです。鏡の前で一生懸命リハビリ中」と現状を明かした。

 奥村は「ステロイドの集中的な点滴と投薬をしているので、退院予定の3月あたまくらいまでは病院。ストレスは良くないらしいのですが、あまり暇なのが僕はストレスなので…どうしましょうねぇ(笑)」と冗談を綴る余裕も生まれ、「病室外交はおかげさまでスムーズ!お友達も沢山出来ました。そのあたり、いたって気持ちは元気なのでご心配なく!」と明るく呼びかけている。

オリコントピックス

 を検索