アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • フォーリーブス北公次さん、肝臓がんで死去

フォーリーブス北公次さん、肝臓がんで死去

 フォーリーブス北公次(本名・松下公次)さんが22日午前1時19分、肝臓がんのため亡くなった。所属事務所が同日、公式サイトで発表した。メンバーの江木俊夫も自身のブログで「悲しいお知らせ」として訃報を伝えた。63歳だった。通夜は25日午後6時より、告別式は26日午前11時より東京葬祭慈光殿(東京都江戸川区西小岩)で執り行う。

 北さんは1968年、自ら作詞した「オリビアの調べ」でフォーリーブスとしてデビュー。70年『NHK紅白歌合戦』初出場など人気を博し、78年に解散。2002年に再結成を果たしたが、メンバーの青山孝史さんが2009年に他界しグループとしての活動を休止していた。

 江木は今月9日にも「ぼくの最愛なるメンバーが重い病と戦っていることが分かりました」と北さんの体調不良を明かしており、「色々考えて少しずつでも元気になっていくようにマーボー(おりも政夫)とぼくとで公ちゃんをサポートしていきます。ターボウ(青山さん)も天国で今、二人がしっかりして公ちゃんを元気にさせろ そう言ってるはずです」、「絆をもって頑張るぞ!!」と回復を願う声もむなしく、そこから2週間での悲しい別れとなった。

 訃報を受け江木はブログで「本人は頑張っていましたけど、むなしく最後の別れなってしまいました」とファンに報告。その後も「悔しい」と題して再度更新し、「悲しくて 淋しくて 切なくて でも最後まで会えたから かわいい公ちゃんでしたよ」、「公ちゃんご冥福をお祈りいたします」と悲しみを綴った。



オリコントピックス