米音楽業界最大の祭典『第54回グラミー賞』授賞式が米ロサンゼルスで13日(現地時間12日)に行われ、最優秀新人賞を米出身のボン・イヴェールが受賞した。ジャスティン・バーノンは「私にとって受賞することは辛いことです。ただ作曲することが好きなだけだったから、この場所が居心地が悪い気もします」と心境を語り、「バンドのみなさん、投票していただいたみなさん、そして親に感謝したいと思います」とコメントした。 ボン・イヴェールは、シンガー・ソングライターのジャスティン・バーノンのソロ・プロジェクトとしてスタート。2008年に発売したデビューアルバム『フォー・エマ・フォーエヴァー・アゴー』で注目を集め、昨年発売のアルバム『ボン・イヴェール』で主要4部門中3部門にノミネートされ、最優秀新人賞のほかに最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞を受賞した。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索