• ホーム
  • 映画
  • 鈴木福、史上最年少で映画『ドラえもん』にゲスト出演&応援隊長に就任「がんばります!!」

鈴木福、史上最年少で映画『ドラえもん』にゲスト出演&応援隊長に就任「がんばります!!」

 人気子役の鈴木福(7)が春休み映画の定番『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマルアドベンチャー〜』(3月3日公開)に、「フーク」というキャラクターとしてゲスト出演として出演することが5日、わかった。32本目を数える映画シリーズのゲスト出演者の中では史上最年少での登場となる。4歳の頃から毎年欠かさず『映画ドラえもん』を観ているという福くんは、「映画に出られると聞いて、ビックリしたけどすごく嬉しかったです」と大喜びだ。

 ズバリ福くんをイメージして作られた「フーク」は、今作の舞台となるベレーガモンド島のジャングルに住むロッコロ族の少年。のんびりやでマイペースな7歳の男の子だ。福くんも「すごいかわいい。自分にソックリでびっくりしました。完成した映画が早く観たいです」と大いに気に入った様子。もちろんアフレコにも挑戦する。ドラえもんたちとどのように絡むのか、注目される。

 さらに福くんは劇中に登場する「クラージョ」(ドードー鳥)の衣装を着て、自ら「フクラージョ(福×クラージョ)」と名乗り、映画の応援隊長も務めることに。今後、全国各地で行われる舞台あいさつやテレビや雑誌の取材等、プロモーション活動にも積極的に参加する予定だ。さっそく本日(6日)からテレビのレギュラー放送(毎週金曜 後7:00〜 テレビ朝日系)後の特設コーナーに「フクラージョ」として登場。ドラえもんとともに、映画の見どころや劇中に登場するキャラクターを紹介する。福くんは「劇中に出てくる珍しい動物をみんなに紹介していきたいです。がんばります!!」と意気込みを語っていた。

 1980年公開の『映画ドラえもん のび太の恐竜』に始まる劇場アニメシリーズの32作目となる今作は、ドラえもんが誕生する2112年9月3日の100年前に当たる「誕生100年前」記念作品として、“DORAEMON THE DREAM”をテーマに、完全オリジナルストーリーの特別な作品として制作されている。

映画『ドラえもん のび太と奇跡の島』劇場鑑賞チケット発売情報
藤子・F・不二雄ミュージアムほか チケット発売情報



関連写真

  • 「フクラージョ」(ドードー鳥)の衣装を着て、映画宣伝の応援隊長も務める鈴木福くん (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2012
  • 福くんが映画『ドラえもん』に史上最年少で出演するシーン (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2012

オリコントピックス