• ホーム
  • グルメ
  • 千原せいじ、経営飲食店の赤字嘆く「年220万マイナスはバカのやること」

千原せいじ、経営飲食店の赤字嘆く「年220万マイナスはバカのやること」

 お笑い芸人の千原せいじが26日、都内で行われた『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席し、自身がオーナーを務める居酒屋『せじけん』の経営難を明かした。今年を振り返ったせいじは「僕の経営してる店が月20万の赤字。いい大人が集まって、そこそこ考えて頑張ってるのに年220万のマイナスはバカのやることですわ」と嘆き節。「改善させることといえば、人件費を減らすしか…」とぼやきつつ「芸人でもうまくやってる人はいるけど、ウチは駄目ですね」と肩を落とした。

【写真】その他の写真を見る


 働くサラリーマンに向け「お疲れ様でした」という言葉とともにジョージア商品をサンプリングする同イベントには、せいじのほかに楽しんごトレンディエンジェル、ブロードキャストが出席。それぞれが「エメマン」「微糖」「ブラック」「カフェラテ」の商品をアピールし、集まった観客にねぎらいの言葉をかけた。

 今年の流行語大賞TOP10入りを果たした『ラブ注入』を年内で封印すると宣言していた楽しんごは「まだ新ネタも決まってないので、自発的にはやらないにせよ、まだ『ラブ注入』『ドドスコ』はやってきます」と前言撤回。切りすぎた髪の毛を「あまりにもイメージが変わったので」と“ヅラ”で隠しながら「今年は充実した年になった。来年もいろんな資格を取ったりして頑張りたい」と意気込んだ。

 この日は吉本芸人のほか、今年現役を引退した元大関魁皇の浅香山親方、プロゴルファーの古閑美保もゲスト出演。早くもレポーターとして活躍中の古閑は「ノープレッシャーの中で生活しているので楽しい。これからもいろんなことに挑戦したい」とガッツポーズ。浅香山親方も「力士は車の運転をしてはいけなかったので、今はドライブなどしてます」と新たな生活を明かしつつ「全く運動をしなくなった。今でも体が悲鳴を上げているので、今後のためにも痩せなきゃな」と苦笑いしていた。



関連写真

  • 自身がオーナーを務める居酒屋『せじけん』の経営難を明かした千原せいじ(C)ORICON DD inc.
  • (左から)古閑美保、トレンディエンジェル、浅香山親方、ブロードキャスト、千原、楽しんご (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席したトレンディエンジェル (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席したブロードキャスト (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席した楽しんご (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席した楽しんご (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席した古閑美保 (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席した浅香山親方 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス