• ホーム
  • 音楽
  • きゃりぱみゅ、新曲を邦楽最多73ヶ国で配信 LA初ライブも決定

きゃりぱみゅ、新曲を邦楽最多73ヶ国で配信 LA初ライブも決定

 モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅの1stシングル「つけまつける」(来年1月11日発売)が、日本人アーティスト最多の世界73ヶ国できょう7日から配信スタートすることがわかった。日米仏など35ヶ国ではiTunes Storeから、中国・韓国など38ヶ国では仏の大手配信サイト「Deezer」から配信される。また、9日には米ロサンゼルスで初ライブも決定。所属レコード会社は「世界中から取材やライブオファーが殺到中」とうれしい悲鳴をあげている。

 今年8月、中田ヤスタカプロデュースのミニアルバム『もしもし原宿』で歌手デビューした“原宿系モデル”は、同作に先駆けて世界配信した「PONPONPON」が日本のiTunes Storeのエレクトロニックチャート1位を獲得。フィンランドでも日本人歌手最高となる1位を獲得したのをはじめ、欧米各国でTOP10入り。同曲のミュージックビデオは、今年デビューした邦楽アーティストとしては“最速最多”の4ヶ月で1000万回再生を突破するなど、世界中から熱い視線を浴びている。

 1000万回再生突破を受けて「こんなことになるとは思っていなかったので驚きを隠せません。あんなすごいCGを寝ずに作ってくれた監督に感謝です。新曲のミュージックビデオもすごいことになっているので見ていただけるとうれしいです」とアピール。新曲が73ヶ国に配信されることについては「世界中のたくさんの方々に日本カルチャーのすばらしさを伝えていきたいです」と話した。

 さらに、自身初のLAライブも決定。ロサンゼルスを代表するカフェ&ギャラリー「ROYAL/T」(ロイヤルティー・600人収容)で9日夜、生パフォーマンスを披露するきゃりーは「アメリカにいる知り合いから『きゃりーが“PONPONPON GIRL”と呼ばれている』という噂を聞きました。まずは『きゃりーぱみゅぱみゅ』としっかり名前を覚えてもらえるようにライブしてきます」と意気込んだ。

 最近では、由紀さおりが米ジャズ・オーケストラのピンク・マルティーニと共演し、1969年のヒット曲をカバーした新作アルバムが、米iTunesジャズ部門で1位を獲得したことをきっかけに日本でのヒットにつながった。この追い風に乗れるか注目される。

きゃりーぽみゅぱみゅ チケット発売情報



関連写真

  • きゃりーぱみゅぱみゅの1stシングル「つけまつける」
  • きゃりーぱみゅぱみゅ

オリコントピックス