桑田佳祐、ジョン・レノン公演に初出演決定

 サザンオールスターズの桑田佳祐(55)が、故ジョン・レノンの命日、12月8日に開催される恒例のチャリティーコンサート『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2011』(東京・日本武道館)にスペシャルゲストとして初出演することが18日、わかった。同コンサートの提唱者であるジョンの未亡人、オノ・ヨーコ(78)が2001年の第1回公演から桑田に送り続けた熱烈なラブコールが、11回目にしてようやく実った。

 桑田は、同コンサートの「発展途上国の子どもたちに学校を贈ろう」という主旨に賛同する一方、自身も1993年にスタートしたエイズ啓発運動AAA(Act Against AIDS)の一環として、12月1日の「世界エイズデー」にコンサートを開催。同時期に複数のチャリティーイベントに参加することで中途半端な活動にならないようにと辞退してきた。

 未曾有の災害が起こった今年、桑田はAAA以外のチャリティー活動に初めて参加。所属事務所のアーティストや俳優の旗振り役となって「チーム・アミューズ!!」を結成し、東日本大震災復興支援シングルを発売したほか、被災地の宮城でチャリティーライブを開催。「音楽の力を素直に感じることができた特別な意味を持つ今年であれば、毎年いただく情熱あふれるオファーにきちんとお応えできるかもしれない」と感じ、『スーパー・ライヴ』初参加を決めたという。

 同コンサートにはジョン・レノンを敬愛する奥田民生吉井和哉斉藤和義LOVE PSYCHEDELICOら常連組のほか、詞の朗読で初参加する女優の、声のみ出演する俳優の菅原文太ら12組20人が出演し、ジョンやザ・ビートルズの名曲を歌う。

 これまでにコンサートの売上金で世界28ヶ国117校の学校建設を支援してきたが、今年は会場ほかで販売するチャリティーグッズの売上を、震災で両親を失った子どもたちを支援するための義援金として寄付することも表明している。

『ジョン・レノン スーパー・ライヴ』チケット発売情報

関連写真

  • 11回目を迎える「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に初出演する桑田佳祐
  • 「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2011」出演者

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索