バックストリート・ボーイズのハウィー・Dと城田優、初コラボ

 バックストリート・ボーイズハウィー・Dが、俳優で歌手の城田優と「If I Say feat. U」でコラボレーションすることが、わかった。同曲は、ハウィーのソロデビュー・アルバム『バック・トゥ・ミー』(11月9日発売)の日本盤限定ボーナストラックに収録され、12日より配信限定シングルとして発売される。また、東京国際映画祭特別オープニング作品で、ジャッキー・チェンの映画出演100作目となる『1911』(11月5日公開)の日本語吹替版エンドクレジットソングにも決定している。

 ハウィーは、ソロデビュー作で「国際的なアイデンティティを持ち、世界にも通用する日本人アーティストとのコラボレーション」を希望し、スタッフが該当する日本人アーティストを探していたとき、候補に上がったのがアーティスト“U”こと城田だった。日本人の父とスペイン人の母を持つ城田は、日本語とスペイン語、英語が堪能で、ハウィー自身も米国出身だが、スペイン語が堪能なバイリンガル。両者の音楽性の高さとスペインという共通点もあり、コラボレーションが実現した。

 ハウィーは「このプロジェクトに、僕らはやる気満々だよ」と意欲をみせ、「If I Say feat. U」という曲で、素晴らしい曲なんだ。2人とも自分らしさがよく出ているし、お互いの声がよく引き立っているよ」と自信をのぞかせた。一方の城田も「「If I Say feat. U」という曲はとてもピュアなラブソングで、すごく温かい歌です。仕上がりは皆さんが耳にして判断して頂くことしかできないんですけど、僕らはすごくいいものができたなと実感しています」と語った。

 なお、ハウィー・Dは、11月12日に東京・お台場ヴィーナスフォートで来日記念イベントを開催することも決定している。

関連写真

  • 左から“U”こと城田優、バックストリート・ボーイズのハウィー・D
  • 配信限定シングル「If I Say feat. U」

オリコントピックス

メニューを閉じる