• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子 仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!? Special Interview
テレビ朝日の看板情報番組『やじうまテレビ!』に出演中の松尾由美子、島本真衣、久冨慶子が登場。プライベートでも仲の良い“やじテレ3姉妹”が、それぞれの印象や魅力、さらに個々の展望なども余すところなく語ってくれた!!
一応、“長女”ですけど、時々“末っ子”にもなります(松尾アナ)
松尾由美子アナ
松尾由美子アナ

島本真衣アナ
島本真衣アナ

――今回は『やじうまテレビ!』にご出演の松尾由美子アナ、島本真衣アナ、久冨慶子アナにご登場して頂きました!! 御三方は“やじテレ!3姉妹”名義でブログを更新していますが、これはユニットでいいんですよね?
【松尾由美子アナ】 ユニット…なんですかね!?
【島本真衣アナ】 うーん。どうなんでしょう(笑)。

――(笑)。一応、松尾さんが長女、島本さんが次女、久富さんが三女ということでいいんですよね?
【全員】 はい!
【松尾アナ】 3人でいるとホントに楽しいんです! 一応、長女ということになっていますけど、実生活では三姉妹の末っ子なので、この3人の中でも時々末っ子になったり(笑)。
【久冨慶子アナ】 私は、実生活では長女なので末っ子キャラは凄く新鮮で心地いいですね。甘えられるお姉さんが2人もいるので(笑)。

――長女はしっかり者、次女は天真爛漫、末っ子はさびしがり屋ということが一般的ですけど、御三方に関してはいかがですか?
【島本アナ】 私の中では、松尾さんは“完璧なお姉さん”という印象が強くて、実生活で末っ子なのが信じられないというか。
【松尾アナ】 仕事の時はやっぱり気が張っているから、そう映るのかな?
【久富アナ】 ただ、オンエアが終わった後の松尾さんを見ると、「末っ子なんだな〜」って感じるときはあります(笑)。

――アハハハハ! オンとオフの切り替えがしっかりできているんですね
【久富アナ】 ただ、本番の時は何度も救われて、本当に長女っぽいんです!
【松尾アナ】 そこはやっぱり、経験が一番ある長女がフォローしないといけないからね(笑)。ただ、久富さんを見ていると、2年目とは思えない程しっかりしているんですよ!
【島本アナ】 ビックリしますよね〜。
【久富アナ】 そんなことないです! 本当にビックリするようなミスも多いし。
【松尾アナ】 あと、意外と大胆だよね?
【久富アナ】 アハハハハ! 思いついたことを直ぐに言ってしまうんです(笑)
【松尾アナ】 やっぱり、持って生まれた人間性というか……こんな良い子見たことない!って思うんです。思わずお菓子をあげたくなっちゃうような(笑)。

島本さんの助言でキャッチャ―ミットを被ることになりまして(久富アナ)
久冨慶子アナ
久冨慶子アナ

久冨慶子アナ

――親戚のお姉さん的な目線になってしまうと(笑)。島本アナの印象はいかがですか?
【松尾アナ】 彼女は本当に天真爛漫ですね。

――あ、まさに次女スタイルだ(笑)。
【松尾アナ】 ピりっとした空気でも、瞬時に場を和ませることが出来るんです。これは彼女の持って生まれたキャラクターの成せる業かなと。『やじうま!』に出演されている年配のコメンテーターの方々からも凄く可愛がられているんですよ。
【久富アナ】 愛されキャラですよね〜。

――言い方悪いですが、上手く転がしていると(笑)。
【島本アナ】 そんなことないです〜(笑)。ただ、小さい頃からおじさま方と接する機会が多かった気はしますけど…。
【松尾アナ】 私にはとても言えないようなことも、さらっと言えるんです(笑)。
【全員】 アハハハハ!

――さすがおじ様キラー(笑)。
【久富アナ】 あと、島本さんは、私が全く気付かないところで自然なフォローをしてくれるんです。後輩からすると、それは凄くありがたいことなんです。
【島本アナ】 後で、お菓子あげるね(笑)。
【松尾アナ】 私は彼女に先輩という気持ちで接していないんですが(笑)、仕事もプライベートも相談に乗ってもらっていますね。彼女は人を喜ばせるのが好きなので、凄くアイディアウーマンなんです。
【久富アナ】 先日もブログをアップする際に、3人で帽子を被ろうということになったんです。松尾さんと島本さんはオシャレな帽子を被ったんですけど、私は島本さんチョイスでキャッチャ―ミットを被ることになりまして(笑)。

――見事なオチがついたと(笑)。
【久富アナ】 はい(笑)。
【島本アナ】 関西出身なので、笑わせたい! という部分が遺伝子に組み込まれているんでしょうか(笑)。

プライベートで被災地へ…松尾さんの紺動力は本当に尊敬します(久富アナ)
松尾由美子、島本真衣、久冨慶子

――いや〜、スタジオのほんわかした空気が伝わってきますね!
【島本アナ】 ただ、やはり情報番組なので、しっかりとしたニュースを読む際には、松尾さんが締めてくれるという安心感がありますね。

――そこは長女がしっかり締める! 松尾さんと言えば入社早々から『やじうま』に出演されて、まさに『やじうま』と共に歩んできた12年というか…。
【松尾アナ】 そこまで大げさではないのですが(笑)、ただ1年目から土曜日の『やじうま』を担当させて頂いて、いつの間にか随分と年月が経過したなとは思いますね。
【久富アナ】 松尾さんはご謙遜されていますけど、その行動力は本当に尊敬します。4年目にANNアナウンサー賞も獲られていて。 (※2005年9月に台風14号が日本列島を直撃。その直後に松尾アナの地元である宮崎県の広域を、自前のビデオカメラと実家の自家用車を使用し、被災状況を自主的に単独取材した)
【島本アナ】 あの行動力はどこからくるんですか?
【松尾アナ】 うーん。なんかね……沸いてくるのよ(笑)。

――しかも、仕事ではなくプライベートで現地に赴いたというのが凄い!
【松尾アナ】 いえいえ(照れ笑い)。私の場合、仕事もプライベートもあまり境目がないというか…。

――因みに、“3.11”の時も4日後には現地に行かれましたよね?
【松尾アナ】 そうですね……でも、本当に大きな志を胸に! とかではなく、衝動に駆られるというだけなんです。

――ただ、それだけアクティブで行動力のある方なので、現在の司会という立場だと外に出たくて、内心ウズウズしている?
【松尾アナ】 わかりますか(笑)。今は外にロケに行く機会も本当に少ないので、ちょっぴりウズウズしていますね。ただ、司会という立場なので皆さんが取材をしてきたニュースを上手く視聴者の方にパス出来ればいいなとは思います。
【島本アナ】 現場とニュースをしっかり繋いでいるのが松尾さんだと思います! 常にセットになっているからこそ、しっかりとしたニュース映像になっているというか。

――テレビを観ていてもしっかり者ということが伝わってきますもんね。そんな松尾アナの知られざる秘密をこっそり教えてくれませんか?
【久富アナ】 そうですね……植物を育てるのが好きで、お家でも会社でも育ててます。
【松尾アナ】 やめて〜。最近、会社の植物の育ちが悪いから(笑)。
【島本アナ】 ……あとは意外に涙もろいです。
【松尾アナ】 も〜、恥ずかしいからやめて下さい〜(赤面)。

次のページへ 【久富アナは肉食系女子アナ!?】


PROFILE

松尾由美子(マツオ ユミコ)

アナウンサー。宮崎県出身。慶応義塾大学総合政策学部卒業。
2002年テレビ朝日入社。翌年1月より『やじうまプラス土曜版』のメインキャスターに抜擢、さらに同年6月からは、『スーパーJチャンネル』のフィールド兼サブキャスターとして活躍。アナウンサー業のみならず、フィールドキャスターとして、社会部や経済部、政治部の記者が担当するような事象を自ら現地に赴き取材するなど、その活動は多岐に渡る。

島本真衣(シマモト マイ)

アナウンサー。兵庫県出身。学習院大学文学部フランス文学科卒業。
2006年テレビ朝日入社。入社直後に『速報!甲子園への道』を担当、これまで、『やじうまプラス』『スーパーJチャンネル』等の担当を経て、2010年より『やじうまテレビ!』のエンタメコーナーを担当している。

久冨慶子(ヒサトミ ケイコ)

アナウンサー。神奈川県出身。青山学院大学社会情報学部卒業。
2012年テレビ朝日入社。アナウンス研修を経て、同年7月の『速報!甲子園への道』でアナウンサーデビュー。同年10月より『くりいむクイズ ミラクル9』『おかずのクッキング』新アシスタントとして出演。2013年4月より『やじうまテレビ!』にサブキャスターとして出演中。

【衣裳協力】
●松尾由美子アナ
ジャケット\18000
ワンピース\16000ともにバナナ リパブリック
ブレスレット\2740 (JUICY ROCK)

●島本真衣アナ
ジャケット(ANAYI)
ワンピース /ノークレジット
ネックレス\2240
ピアス\4120(JUICYROCK)

●久冨慶子アナ
ジャケット (ANAYI)
ワンピース \19950(ダブルスタンダードクロージング)
ネックレス\3960
ピアス\3120ともにJUICY ROCK

※商品によっては現在購入できない物もあります

BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る