• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.17 仕事が嫌だと思ったことは一度もありません Special Interview
 テレビ東京の人気特番『カラオケ★バトル』やバラエティー番組などで活躍中の繁田美貴アナウンサーにインタビュー。2007年入社の6年目。「仕事が嫌だと思ったことは一度もない」と言い切るほど、アナウンサーという仕事を、自分らしい人生を楽しんでいる。その極意を探ってみた。
「鉄人」と呼ばれるほど、仕事が好き
繁田美貴
(C)テレビ東京・ORICON DD inc.
繁田美貴
(C)テレビ東京・ORICON DD inc.

――――アナウンサーになろうと思ったきっかけは?
【繁田美貴】 学生時代は、事務所に入りながらモデルや女優業をやっていました。グルメリポートの仕事で、「おいしさを伝えるのは、なんて難しいんだろう」と痛感したことがあって。どう表現したらいいのか考えたり、言葉を見つけたりする作業が楽しくて。リポーターの仕事にも役立つだろうとアナウンサースクールに入ったのがきっかけでした。基礎の発声から応用から、何から何まで楽しくて、アナウンサーになりたいって思うようになりました。

――実際にアナウンサーになって、6年目ですが。
【繁田】 はい! 毎日、仕事が楽しいです。6年目ですが、仕事が嫌だと思ったことは一度もありません。アナウンサーになれて本当によかったと思っています。そんなにお休みを取らなくても大丈夫だから、もっと仕事したいと思うくらい、好き。そんなことを言うとワーカホリックみたいですけど。

――体調は大丈夫ですか?
【繁田】 確かに、アナウンサーという仕事は体力勝負。アナウンサー試験の時に「体力には自信があります」とアピールしている人は多かったんですが、私はそれほど自信がなかった(笑)。いざアナウンサーになってみて、意外と私、体力あるぞ!って。好きで楽しんで仕事しているから、健康でいられるのかもしれません。仕事が忙しいほどテンションが上がる(笑)。最近、アナウンス部では「鉄人」と言われることもあります。

――今、28歳。結婚しても仕事は続けたい?
【繁田】 仕事は続けたいですね。10年前の高校生の頃までは、本気で将来の夢は「お嫁さん」でした。専業主婦だった母のように、早く結婚して、お母さんになって…と。現実は真逆を行っていますが(笑)。仕事が好きになりすぎて、専業主婦はもはや無理だなと、今はそう思いますね。10年前の私が、今の私を想像できなかったように、10年後、どうなっているかわかりませんが、それもまた楽しみです。

次のページへ 【理想の男性像は…】


須黒アナがおすすめする秋映画『ハンガー・ゲーム』




【STORY】
独立国家パネム。この国の権力者は、支配する12の地区から若い男女ひとりずつを選出し、“ハンガー・ゲーム”というイベントを毎年実施していた。全国にテレビ中継されるその競技は、24人のプレーヤーが格闘場に投げ出され、最後のひとりになるまで戦う究極のサバイバルゲーム。幼い妹の身代わりとして第12地区の代表に自ら志願したカットニスは、同郷のピーターとともに人生のすべてをかけた闘いに身を投じていく…。

【繁田アナのおすすめポイント】
もし生存確率1/24なんてゲームに巻き込まれたら…。争いごとは得意ではないので、格闘場に入る前に、みんなで生き残れる方法はないかと、提案したいですね。もしそれがダメだったら…、逃げる! 闘わない(笑)。子供の頃からドッチボールが苦手でした。ボールをぶつけられるのも嫌だし、人にぶつけるのも嫌で。だから、ひたすら逃げまくって、かなりの確率で最後まで残っていたような気がします。逃げることで、結果的に生き残ったとしたら? 今度は、ゲームを主催する権力者たちと闘うことになるんでしょうか…。

【作品情報】
今年3月に全米公開され、『アバター』(2009年、ジェームズ・キャメロン監督)以来となる4週連続全米1位を獲得。社会現象ともいえる人気ぶりは、2012年上半期のハリウッドの最大の“サプライズ”となった。スティーブン・キングも絶賛するスーザン・コリンズの原作シリーズ3部作を映画化。支配された世界で、愛する家族のために命がけの“ゲーム”に身を投じたヒロインの勇気と成長を描くサバイバルアクション。

監督:ゲイリー・ロス
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、エリザベス・バングス、レニー・クラビッツ、スタンリー・トゥッチ、ドナルド・サザーランド
原作:スーザン・コリンズ『ハンガー・ゲーム』(メディアファクトリー刊)
配給:角川映画

9月28日(金)全国拡大ロードショー
(C)2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RITGTS RESERVED.


PROFILE

繁田美貴(はんだ・みき)

1984年1月15日、東京生まれ。
2007年テレビ東京入社。担当番組は『Hello!毎日かあさん』、『ワールドビジネスサテライト』の「トレンドたまご」コーナーほか。

BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る