• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 生野陽子アナが語る育児と働き方 「ママアナとして現場に立ち続けたい」

生野陽子アナが語る育児と働き方 「ママアナとして現場に立ち続けたい」

これからもアナウンサーとして現場で番組作りに携わっていきたい

──では出産〜産休を経て、仕事に対するスタンスで変わった点はありますか?

生野 アナウンス室でも管理職に就くなど、さまざまなキャリアの積み方があります。ただ私は、これからもアナウンサーとして現場で番組作りに携わっていきたいと考えています。もちろん復帰してまだ数ヶ月なので、これから何があるかはわからないのですが──。ただ娘の時代は、女性の社会進出もさらに進んでいくと思います。そういう意味でも、育児をしながら仕事をする姿を子どもにも見せられるアナウンサーという職業でよかったと思っています。

──生野アナが産休に入られた今年4月は、まさに「働き方改革」が始まったタイミングでした。テレビ業界の変化は感じますか?

生野 テレビ業界でも「働き方改革」が進んでいることを感じています。以前は、生放送の帯番組を担当しているアナウンサーはなかなか有休を取得できないこともあったのですが、意識が急激に変わってきていますよね。会社も有休をきちんと取れるように奨励していますし、そのためのシフト調整にも積極的で、休みを取るよう促されることもあるくらいです。そんなこと一昔前には考えられませんでした(笑)。毎日テレビで観るアナウンサーが急に休むことで、視聴者の方を不安にさせることもあると思いますが、「休むこと=悪い」という風潮があるのは、どの職業の方にとってもいいことはないですよね。企業や働く人の意識を少しでもいい方向に進めるようなメッセージをお送りするのも、テレビやアナウンサーの役割だと思っています。

(文/児玉澄子)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索