【YouTubeチャート】「令和」2曲がTOP5入り ゴールデンボンバー1位を奪取

 今週の週間楽曲ランキングTOP10には初登場5曲がランクイン。変動の少ない同ランキングだが、新年度となる4月のスタートとともに半分が入れ替わるダイナミックな動きを見せた。
 その要因のひとつが、4月1日の新元号発表。タイトルを「令和」とする楽曲をゴールデンボンバーとレペゼン地球が発表当日に配信し、前者が491.5万再生で1位、後者が170.7万再生で5位にランクイン。ともにTOP5入りを果たした。

 とくにゴールデンボンバーは、ここしばらく1、2位をキープしてきたあいみょん「マリーゴールド」とKing Gnu「白日」を上回る爆発的な勢いを見せた。新元号発表の話題が落ち着いてきた今週以降、5月1日の新元号スタートに向けて再生数を伸ばし続けるか注目したい。

■週間アーティストランキング
金爆&レペゼン TOP10入り
IZ*ONEが急上昇 次週登場か

「令和」をリリースした2組がランキングを躍進。ゴールデンボンバーは574.3万再生でTOP10内初登場で4位、レペゼン地球は328.2万再生で前週10位から7位へとランクアップした。

 楽曲ランキングで1位を獲得したゴールデンボンバーは、この勢いのまま不動のTOP3に君臨する米津玄師、あいみょん、TWICEの牙城を崩すことができるか注目される。
 そのほか、12位にはIZ*ONEが前週比182.7%の251.9万再生で、前週73位から大きくランクアップした。IZ*ONEは4月1日に韓国でミニアルバム『HEART*IZ』をリリース。

 表題曲となる「Violeta」MVが同日より公開され、期間内183.3万再生で楽曲ランキング4位に初登場している。韓国アーティストではTWICEとBTS(防弾少年団)がランキング上位を定位置としているが、彼らに続くグループとなるか注目していきたい。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月14日号

<COVER STORY>
ヴィヴィアン・ルイット氏
(YouTube アーティストリレーションズ グローバル責任者)
ストリーミング時代、音楽は世界各地の視聴環境で
常に開放されていることが必要不可欠

<SPECIAL ISSUE>
スタジアム・アリーナ計画のキートリガーと危機管理の今
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.28

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索