アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ジェニーハイ、“企画モノ”としてではない音楽性への評価

ジェニーハイ、“企画モノ”としてではない音楽性への評価

 川谷絵音、新垣隆、小藪一豊らが参加するBSスカパー!『BAZOOKA!!!』から始動したバンド、ジェニーハイが週間デジタルアルバム1位を獲得した。“企画モノ”としてではなく、その音楽が注目されている。

奇才が集まったバンドの音楽そのものにファンがついた

 川谷絵音がプロデューサー&ギター、ボーカルを中嶋イッキュウ(tricot)、ドラムを小籔千豊、ベースをくっきー(野性爆弾)、キーボードを新垣隆が務める、BSスカパー!『BAZOOKA!!!』から始動した音楽プロジェクト、ジェニーハイの1stミニアルバムがデジタル&フィジカルリリースされ、週間デジタルアルバム1位を獲得した。

 もともと番組の知名度アップを目的としてスタートしたバンドだが、対バンツアーなどのライブを経て、その音楽的クオリティの高さ、個性派メンバーによるバンドのカラーや世界観が伝わると、“企画モノ”としてではなく、奇才が集まったバンドの音楽そのものにファンがつきはじめている。

音楽ライターが高く評価 ブレイクする要素が備わっている

  • 1stミニアルバム『ジェニーハイ』

    1stミニアルバム『ジェニーハイ』

 音楽ライターの森朋之氏は、彼らの魅力を「“全員が主役”なところがジェニーハイのおもしろさ。MVなどでも全員の観どころ(ソロ演奏)が用意されていて、バラエティ的な引きの強さと、音楽的な内容の深さが両立されています。川谷さん、新垣さんにオファーしたのは小藪さんのアイデアだそうですが、音楽とお笑いに精通している小藪さんならではの発想」とし、その音楽性とともにメンバーの妙を挙げる。

 そして、今作の聴きどころについては「いちばんの聴きどころは、イッキュウさんのボーカル。tricotでは、ギター/ボーカルなので、歌は“バンドの音を彩る”みたいなスタンスですが、ジェニーハイではシンガーとしての魅力がしっかり出ている印象。「片目〜」みたいな難しいメロディも歌いこなしているし、声にも艶があり、今後シンガーとしてのオファーも増えそうな気がします。川谷さんが意図しているかどうかはわかりませんが、結果的に“歌モノ”になっているところがおもしろい。とても優れたポップスだと思います」と解説。

 さらに、バンドの今後については「メンバー全員の名前と顔がわかる、プレイヤーとしての個性が感じられる、歌モノとしての魅力があり聴き手を選ばない、というブレイクするバンドに必要な要素が備わっていて、まともに活動すれば、間違いなく人気が出る。単なる企画モノで終わらせるのはあまりにももったいない。継続してほしい」と期待を込める。

 インパクトの強いメンバーそれぞれの個性がバンドとして化学反応を起こし、思わぬ音楽的なポテンシャルの高さが示された。彗星のごとく音楽シーンに現れたスターとなっていくのか、この先の音楽活動に注目したい。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年1月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年1月21日号

<COVER STORY>
三浦文夫氏(関西大学 社会学部メディア専攻 教授)
「ラジオを中心とした
radikoプラットフォームの進化に向けて」

<SPECIAL ISSUE 1>
スタートアップとの連携が進む2019年
音楽業界が進むべき方向性
求めらる“テクノロジーA&R”視点からの未来図へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 12月度

<2019 Leader‘s Message>
プロダクション・音楽出版社・音楽配信サービス
各代表からの2019年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!