• ホーム
  • 音楽
  • Jリーグ開幕25周年、TUBE・春畑道哉がテーマ曲の誕生秘話を語る 「50年後、100年後もスタジアムで流れる曲」

Jリーグ開幕25周年、TUBE・春畑道哉がテーマ曲の誕生秘話を語る 「50年後、100年後もスタジアムで流れる曲」

 1993年に開始した日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が25周年を迎えた。Jリーグのオフィシャルテーマソング「J’S THEME(Jのテーマ)」を手がけたTUBEのギタリスト・春畑道哉が、25周年を記念した同曲のリアレンジ、再レコーディングした新バージョンを収めたアルバム『J’S THEME〜Thanks 25th Annivesary〜』を8月22日に発売した。「50年後、100年後もスタジアムで流れる曲。そのつもりで作ってください」とJリーグからのオファーで楽曲制作を手がけた春畑は、「自身のキャリアにも大きな影響を与えた」という誰もが一度は耳にしたことのある名曲の誕生秘話と、25年の時を経て新たに生まれ変わった楽曲について語った。

「J’S THEME(Jのテーマ)」制作以降、ソロ楽曲の制作方法にも変化が

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の25周年を記念した本作の制作は、春畑自身にも新たな刺激を与えたようだ。
「新バージョンを制作するにあたり、Jリーグさんから“変わるものと変わらないもの”というテーマをいただきました。具体的にいうと、メロディー、テンポ、曲のサイズは変えず、25年前にはなかったループやシンセの音を加えています。他の収録曲など改めて昔の曲を聴くとギターの演奏も、当時は若さに溢れているというか(笑)。集中して熱くギターを弾いていたけれど、いまはアレンジ全体のことを考えて、曲が生み出す雰囲気をイメージしながら演奏しているので」

 TUBEでデビューした2年後の1987年からソロアーティストとして活動を続けている春畑。Jリーグ発足時に制作されたこの曲は、彼のキャリアにも大きな影響を与えたという。
「『50年後、100年後もスタジアムで流れる曲。そのつもりで作ってください』というお話をいただき、プレッシャーを感じていたのを覚えています。実際にスタジアムに足を運び、試合中にアップしている控えの選手、チームとサポーターの関係などに感銘を受けて作ったのが、「J’S THEME(Jのテーマ)」なんですよね。僕にとってソロ活動は当初、TUBEとは違うことにトライする実験の場、遊びの場という意味合いがあったのですが、「J’S THEME(Jのテーマ)」を制作し、多くの方に聴いてもらえるようになってからは、メロディーを重視した曲作りを意識するようになりました」

長く続ける秘訣でいちばん大事なのはライブ

 日本のギタリストとして初めてギターメーカーの「FENDER USA」社と専属契約を結ぶなど、日本のギターインスト界をけん引。2016年に発売したソロデビュー30周年記念アルバム『Play the Life』が、週間アルバムランキングで9位とヒットを記録した。ソロアーティストとしての意欲はさらに増している。
「6月に初めて『live image 18 dix-huit』に出演させてもらったのですが、クラシックのオーケストラと一緒に演奏させていただいたことは素晴らしい経験になりました。メロディーを弾くことの楽しさを改めて実感しましたし、いつも新しい環境を与えてもらえることは、本当にありがたいですね。僕自身は、インスト音楽のおもしろさ、ギターという楽器の魅力を伝えていきたいという気持ちもあります。最近では、ギタリスト仲間が集まると、“ギターに注目が集まらなくなっているのは、自分たちの責任だ”という話もしますね」

 真夏を迎え、TUBEの活動も活性化。1988年に始まり、毎年恒例(90年を除く)となっている神奈川・横浜スタジアム公演(『TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2018 夏が来た!〜 YOKOHAMA STADIUM 30Times 〜』8月25日開催)は今回で30回目を迎え、神奈川・関内の街の夏の風物詩となっている。
「30回目という節目ですし、集大成というわけではないですが、ファンの皆さんに喜んでもらえるメニューを考えています。メンバーから『「J’S THEME 〜」もやったほうがいい』と言ってもらえたのも嬉しかったですね。横浜スタジアムのライブは、機材、照明、演出などを含め、毎年違ったものになっています。スタッフもおもしろいアイデアを出してくれますし、それが新鮮な感覚で続けられる理由なんだと思います。基本的には“夏祭り”なんですが、TUBE のことをよく知らない人でも楽しめるライブをやりたいと思っています」

 さらに、春畑は30年以上にわたって音楽シーンの第一線で活躍し続けられる秘訣について、“常に新しい曲をライブで演奏すること”を挙げた。
「いちばん大事なのはライブ。昔のヒット曲を望まれていることもわかっていますが、それだけではどうしても飽きがくる。ツアーの前に新しい曲を発売して、その曲をステージで演奏することで、いい循環が生まれるんだと思います。新曲を披露して、一体感を生み出せた瞬間がいちばん幸せですからね」

(文/森朋之)
[18年3月27日号 コンフィデンスより]

新バージョン「J'S THEME(Jのテーマ)25th ver.」のミュージックビデオ

TUBE オフィシャルサイト(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月24日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月24日号

<COVER STORY>
ジヒ・ナム氏(Instagram アジア太平洋地域パートナーシップス部門統括)
自分らしい自由な表現で
Instagram上のファンとの深いエンゲージメントを築く

<SPECIAL ISSUE>
バーチャル音楽番組を編集部が企画
“演歌・歌謡”を定義から再考 未来への提言

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!