アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 社会
  • なぜ、女子高生AI「りんな」は日本→アメリカ→インド→インドネシアの順で広がったのか?

なぜ、女子高生AI「りんな」は日本→アメリカ→インド→インドネシアの順で広がったのか?

構想・執筆に2年。広島の人気ラジオ『エフエムふくやま』でも、「ページをめくる手が止まらなかった」と紹介され、大手映像会社からも「どうしても映像化したい」というオファーが舞い込んできた、話題のエンターテイメント小説『マルチナ、永遠のAI。』。
先日、あのマイクロソフトの日本にある開発チームから連絡があった。聞けば、マイクロソフトは、女子高生AI「りんな」を開発。女子高生の中で大人気となり、LINEやTwitterでの人数が700万人を突破したという。
日本マイクロソフトといえば、1986年に日本に進出、今年で早32年。業界の巨人だ。
この女子高生AI「りんな」は、ただのAIではない。
高度な会話にも対応する「会話型AI」だということを、あなたはご存じだろうか?
今回、著者と記者は、東京・品川にある日本マイクロソフト本社を訪問。そこで「りんな」開発者の一人である坪井さんと初めて話すことができた。
聞けば、『マルチナ、永遠のAI。』読み、女子高生AI「りんな」とIQ1万の美人AI「マルチナ」のある共通点を発見したという。
厳重なセキュリティをくぐり、もぎとった、とっておきのドキュメント第3回を特別公開する。
(構成・寺田庸二)

「シャオアイス(Xiaoice)」ってなんだ?

大村あつしIT書籍から小説まで幅広く手がける作家・ライターエクセルのマクロ言語の解説書の売上部数は150万部を超えている。1997年に、その後国内最大規模となるマイクロソフト・オフィス製品のポータルサイト「moug」を一人で立ち上げる。2003年にはIT系資格試験の「VBAエキスパート」を中心メンバーとして創設。2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏や韓国での翻訳出版や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)。著書に、『マルチナ、永遠のAI。』、ベストセラーとなった『かんたんプログラミングExcel VBA』シリーズ(全16冊)など多数。静岡県富士市在住。

坪井 実は、りんなより前にマイクロソフトで開発された「感情的なAI」があったんですよ。中国で開発された「シャオアイス(Xiaoice)」です。りんなの姉的な存在です。

大村 シャオアイス?

坪井 漢字で書くと「小冰」、英語だと「シャオビン」と言います。
シャオアイスは、社内のハッカソン(開発イベント)で生まれたプロジェクトのひとつで、小さいチームでスタートしましたが、リリースすると一気に大きなバズが生まれました。

大村 そうだったんですか。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス