• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 社会
  • 「残念な考え方」を脱出せよ!ロジカルシンキングはビジネス界の共通言語

「残念な考え方」を脱出せよ!ロジカルシンキングはビジネス界の共通言語

ビジネスの世界での共通言語は、ロジカルシンキングだ。もし斬新なアイデアを受け入れてほしかったら、その実現性やメリット、「なぜそのアイデアが最良なのか」といった疑問に答えられるようにしなければならない(写真はイメージです) Photo:PIXTA

レビュー

『脱!残念な考え方』 幸本陽平著 自由国民社刊 1650円(税込)

ビジネスパーソンなら、「なぜなぜ分析」という問題解決手法を聞いたことがあるかもしれない。「カイゼン」を世界に広めたトヨタの流儀のひとつで、問題が発生したら「なぜ」を5回繰り返し、根本的な問題の対策を行うことだ。コロナ禍に見舞われた2020年もトヨタは大きな利益を上げ、「この会社だけ別世界にいるようだ」とまで評されたが、その源泉はまさにカイゼンにあったといえる。

しかしロジカルな考え方を身に付けなければ、「なぜなぜ分析」を行うことはできない。「Aという原因によって、Bということが起こっている」という関係を、相当の確信を持って見出さなければならないからだ。

ロジカルに考えるとは、すなわち「Aは本当にBの原因か?たまたまではないのか?」「Aという原因から、起こるのはBだけか?」といった疑問に、しっかりと答えられるということだ。逆に言うと「残念な考え方」は、ツッコミどころの余地が多い考え方である。「自信を持って言い切る」ためには、ロジカルであることが不可欠だ。

本書『脱!残念な考え方』ではロジカルであるための要素として、「つながっている・深く考えている・広く考えている」の3つを挙げ、気を付けるべき15のポイントを解説している。これらをしっかり押さえれば、相当ロジカルにものを言えるようになるだろう。そして世にはびこるロジカルでない考え方に対しても、「なぜ?」と言えるようになるはずだ。(ヨコヤマノボル)...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

あなたにおすすめの記事

オリコントピックス