• ホーム
  • 映画
  • 出川哲朗、『レゴ』新作声優に「いよいよハリウッドデビュー」 役は公開アフレコで決定

出川哲朗、『レゴ』新作声優に「いよいよハリウッドデビュー」 役は公開アフレコで決定

 お笑いタレントの出川哲朗(53)が、『レゴ』シリーズ最新作『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』(9月30日公開)の日本語吹き替え版声優を務めることが20日、わかった。「いよいよハリウッドデビューです。よくぞ僕に声をかけて下さいました」とやる気満々だが、気になる役柄は8月に行われる公開アフレコで決定する。「もちろん、公開オフレコで主役をねらいます(※原文ママ)」と、不安が残るコメントを寄せた。

 同作は、2015年よりテレビ東京系で放送されているアニメ『レゴ ニンジャゴー』の劇場版。6人の若きニンジャたちの活躍を描き、平和なニンジャゴーの世界にやって来た悪の帝王・ブラックガーマドンに対抗すべく、ニンジャたちが立ち向かう。

 英語版では、ニンジャたちの師匠であるウー先生の声を、ジャッキー・チェンが担当。日本語吹き替え声優は、松井恵理子森嶋秀太、おおしたこうた、内田彩、橘諒、斎藤楓子一条和矢がアニメ版から続投し、悪の帝王・ブラックガーマドンを山寺宏一、主人公・ロイドの母であるココを沢城みゆきが演じる。



オリコントピックス